@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金春禅竹【こんぱるぜんちく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金春禅竹
こんぱるぜんちく
[生]応永12(1405)
[没]文明2(1470)頃
室町時代の能役者,能作者。金春流シテ方 30世太夫。実名七郎氏信。前名弥三郎。毘沙王権守喜氏の曾孫,弥三郎の子。世阿弥女婿として薫陶を受け,十郎元雅とも親交があり,地味な芸風ながら音阿弥と並ぶ名手であった。世阿弥の佐渡配流中も赦免後もよく世話をしたという。『花鏡』の相伝を受け仏教や歌道に基づく芸術観を深めた。『六輪一露之記』『歌舞髄脳記』『五音三曲集』『拾玉得花』などの理論書がある。一休や一条兼良との交友も知られる。作に『定家』『雨月』『芭蕉』『玉鬘』などの名曲がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こんぱる‐ぜんちく【金春禅竹】
[1405~1470ころ]室町中期の能役者・能作者。名は七郎氏信。禅竹は法名。大和猿楽金春座中興の名手。世阿弥の女婿。作品に「芭蕉」「定家」、理論書に「六輪一露之記」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

金春禅竹 こんぱる-ぜんちく
1405-1470? 室町時代の能役者シテ方。
応永12年生まれ。57代金春大夫。金春権守の孫。世阿弥(ぜあみ)の娘婿となり,相伝をうける。大和(奈良県)を中心に各地で活躍,音阿弥(おとあみ)とならび称され,金春座中興のといわれる。一条兼良(かねよし),志玉(しぎょく)らとも交流し,仏教や歌道をとりいれた能楽論を展開した。文明2年?死去。66歳? 名は貫氏,氏信。通称竹翁,竹田大夫。著作に「歌舞髄脳記」,作品に「定家」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こんぱるぜんちく【金春禅竹】
1405‐70ころ(応永12‐文明2ころ)
室町時代の能役者,能作者。観阿弥とほぼ同時代に活躍した金春権守(こんぱるごんのかみ)の孫で,金春弥三郎の子。通称不明。実名氏信。ただし1437年(永享9)までは貫氏と称したらしい。大和猿楽四座の本家格たる円満井座(えんまんいざ∥えまいざ)(竹田の座)の30代目の棟梁と自称し,〈金春式部大夫〉と署名している。晩年に出家し,法名が賢翁禅竹。後世は大夫号と法名を結んで金春禅竹と呼ばれることが多い。竹田大夫とも呼ばれ,〈竹翁居士〉と署名してもいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こんぱるぜんちく【金春禅竹】
1405~1470頃 室町中期の能役者・能作者。シテ方金春流五七世宗家。俗名、七郎氏信。禅竹は法名。大和の人。金春座中興の祖とされる。能楽論「六輪一露」を書き、禅的哲学で能を解釈した。「雨月」「芭蕉」「玉葛たまかずら」などの能を作る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金春禅竹
こんぱるぜんちく
(1405―70ころ)
室町中期の能役者、能作者。金春流シテ方。実名は七郎氏信(うじのぶ)。金春流中興の大夫(たゆう)として、奈良を中心に活躍。世阿弥(ぜあみ)の娘婿。温厚誠実な人柄だったらしく、世阿弥の佐渡配流中は物心両面の援助をしており、芸の指導を仰いでいる。世阿弥から数々の伝授を受け、音阿弥(おんあみ)と併称された名手だが、演能活動の華々しい音阿弥に対し、芸術論、作能の分野で真価を発揮している。理論書に『六輪一露(ろくりんいちろ)』『歌舞髄脳記(かぶずいのうき)』『五音三曲集』『明宿集(めいしゅくしゅう)』ほか。世阿弥の理論を哲学的、仏教的に深め、また歌道との合一を説くが、抽象論に傾いている。これは、学僧の志玉、歌人の正徹(しょうてつ)、学者の一条兼良(かねら)との交友の影響もあろう。作品は世阿弥の夢幻能の系統に属し、『雨月(うげつ)』『芭蕉(ばしょう)』『玉葛(たまかずら)』『小塩(おしお)』など。閑雅な作風。『嵐山(あらしやま)』『一角仙人(いっかくせんにん)』などの作者、金春禅鳳(ぜんぽう)は禅竹の孫。[増田正造]
『表章・伊藤正義編『金春古伝書集成』(1968・わんや書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こんぱる‐ぜんちく【金春禅竹】
室町中期の能役者、能作者。妻は世阿彌の娘。名は貫氏、のち氏信。金春大夫となり、世阿彌の伝授を受ける。その能楽論には歌学、仏教の影響が強くみられる。作品に「雨月」「芭蕉」「玉葛(たまかずら)」、能楽論書に「五音次第」「六輪一露之記」「至道要抄」など。応永一二年(一四〇五)生。応仁二~文明三年(一四六八‐七一)の間に没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

金春禅竹
こんぱるぜんちく
1405〜68
室町中期の能役者・作者。金春座中興の祖
実名は七郎氏信,禅竹は法名。1428年金春大夫となる。世阿弥の女婿として指導をうけ,一休宗純にも師事。幽玄の芸風を加え,金春流の基礎を確立した。理論家としてもすぐれ,芸論も多い。主著『至道要抄』。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金春禅竹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金春禅竹の関連情報

関連キーワード

帖木児日野業子ティムール帖木児チムール(帖木児)クリスチーヌ・ド・ピザン鄭和勘合貿易遣明船(年表)ティムールトイザらス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation