@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金本位制度【きんほんいせいど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金本位制度
きんほんいせいど
gold standard system
本位貨幣の単位価値を一定量の金と結びつけた貨幣制度。この交換比率を金平価といい,1936年 12月の金輸出禁止 (金本位停止) 前の日本では,純金2分 (750mg) をもって1円と規定されていた。歴史的には,1816年に制定されたイギリスの金本位制度が世界最初の例で,1スタンダード・オンスは3ポンド 17シリング 10.5ペンスとされた。イギリスと安定した経済関係を維持する必要のあった他の諸国がこれにならったため,このイギリス制度が 19世紀の国際金本位制度となった。金本位制度には金貨本位制度金核本位制度 (金地金本位制度金為替本位制度 ) の2つがある。前者は金貨の自由鋳造,自由溶解を認めることによって金と本位貨幣との等価関係を維持するもので,第1次世界大戦前に広く行われていた。後者は国内では兌換銀行券 (兌換券) が流通し,対外決済に際して金地金または金為替の売買によって銀行券と金との等価関係を維持するもので,いずれも金貨本位制度よりも金とのつながりが小さい。金地金本位制度は 1925年にイギリスが実施して以来,1930年代に金本位制度が崩壊するまで広く各国に採用された。 40年代からは管理通貨制度が登場したが,第2次世界大戦後の国際通貨基金 IMFを中心とした国際通貨体制は,71年8月米ドルの金との交換性が停止されるまでは,一種の金為替本位制度であったともいえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんほんい‐せいど〔キンホンヰ‐〕【金本位制度】
金を価値尺度とし、一定重量の金を価格の度量標準とする貨幣制度狭義には金貨本位制度をさし、広義には金核本位制度を含める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんほんいせいど【金本位制度 gold standard】

定義
 一国の貨幣制度の基礎となる貨幣すなわち本位貨幣がの一定量と等価関係におかれている制度。この制度のもとでは,(1)一国の通貨一単位の価値は一定量の金によって示され,それを法定平価(金平価)と呼ぶ。最も古典的なのは,その国の基準となる通貨(本位通貨)が金貨の場合である。第1次大戦以前には,金本位制をとる各国の通貨は金貨であったから,金貨本位制度gold coin standardとも呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

金本位制度
きんほんいせいど
gold standard英語
Goldwhrungドイツ語
金の確定分量を貨幣単位(金平価という)として鋳造される本位貨幣(金貨)を基礎に、一国の通貨・信用構造が成立している貨幣制度で、金の自由鋳造・溶解、金の自由な輸出入、銀行券の自由兌換(だかん)によって価格の度量標準を制度的に固定し、貨幣価値の変動を機構的に防止しようという制度。金の自由鋳造・溶解は、本位貨幣の流通中の磨滅によって生じる価格の度量標準の事実上の引下げを防ぎ、かつ金の鋳造価格と市場価格との乖離(かいり)を防ぐことから貨幣価値を安定させる。金の輸出入の自由は、隔地送金の費用節約のためにつくりだされた為替(かわせ)取引に伴う為替相場の動揺を金現送点の範囲内から逸脱させない役割を果たす。銀行券の自由兌換は、流通必要量に対してその額面総額が過剰になり価格の度量標準が変動するのを防ぐ。しかし、銀行券は手形割引や貸付によってまず発行され、兌換は一定のタイム・ラグののちに事後的になされるものであるから、支払準備が枯渇して兌換請求に応じられなくなる可能性をもつ。これをあらかじめ防止するために、中央銀行は支払準備金量に発券量を結び付けてその目安とし(金準備発行)、貸出金利を上下して借入需要を調節する。そしてこのような中央銀行の信用操作によっても調節されない分が兌換によって最終的に調整されることになる。さらに金本位制度を採用している2国間においては、それぞれの国の金平価からそれぞれの通貨の交換比率が算定される。これを法定為替相場といい、各国はこの相場を維持するため、国際収支が不均衡のときは金の現送を行わなくてはならない。このような制度を国際金本位制度という。国際金本位制度をとっている国では、金兌換と法定為替相場を維持しておれば、国内物価の安定と国際収支の均衡は自動的にもたらされるとされた。
 このように金本位制度の核心は、金が貨幣商品となっているもとで、銀行券の金による兌換が制度的に保証されており、これによって価格の度量標準が最終的に固定されるところにある。このような金本位制度は、第一次世界大戦前の国際金本位制度のもとでは主要国でとられており、金貨本位制度ともいわれる。第一次世界大戦後の再建金本位制度下では、金をより節約した金地金本位制度(金貨を発行せず法定された一定金額に限って金地金でもって兌換に応ずる制度)や金為替本位制度(金貨本位制度国または金地金本位制度国の通貨による支払約束でもって兌換に応ずる制度)がとられた。この両者をあわせて金核本位制度ともいう。金貨本位制度と金核本位制度との根本的相違点は、前者においては通貨調節の主要な手段が兌換であり、中央銀行の管理操作はその補助的な措置にすぎないのに対して、後者においては兌換よりもむしろ金融操作が主となっているところにある。[齊藤 正]

歴史

金本位制度を歴史上最初に法制化したのはイギリスである。イギリスは14世紀から18世紀後半にかけて長く金銀複本位制度の状態にあったが、1798年に銀貨の自由鋳造を禁止し(跛行(はこう)本位制度)、1816年には金の単本位制度が法定された(The Gold Standard Act of 1816)。さらに1797年以来兌換が停止されていたイングランド銀行券は、1821年金貨との兌換が再開され、1833年には金貨とともに法貨と認定された。そして1844年のピール銀行条例による金準備発行制度(保証発行直接制限制度)の定めによって金本位制度が制度的に確立をみた。ヨーロッパ大陸諸国ではドイツがイギリスに追随して1873年、プロイセン・フランス戦争の賠償金を基礎として金本位制度に移行、これを機に銀本位制度や金銀複本位制度をとっていた諸国が金本位制度に移行し始める。これは1850~1860年代に金生産が急増したことを一般的背景とし、直接には金銀比価の急激な低下による。1865年にフランスを中心にベルギー、スイス、イタリアがラテン貨幣同盟を結成し、複本位制度の維持に努めていたが、フランスが1876年に銀の自由鋳造を停止したのを機に貨幣同盟も崩壊し、以後ヨーロッパの貨幣制度は金本位制度が支配的となった。アメリカは独立後、金銀複本位制度をとっていたが、1837年に単本位制度に移行し、南北戦争によって一時兌換を停止した(グリーンバック紙幣の時代)のち、1879年から兌換を再開し、1900年の金本位法によって法制化された。日本は1871年(明治4)の新貨条例により金本位制度を採用したが、事実上は銀本位制度であり、名実ともに金本位制度が確立するのは1897年、日清(にっしん)戦争の賠償金を基礎にした兌換銀行券条例の改正と貨幣法の制定(金平価は1円=純金750ミリグラム)とによってであった。このように19世紀後半には、世界の主要国において金本位制度がとられ、20世紀初頭には世界的な普及をみたため、第一次世界大戦までの期間は国際金本位制度の「黄金時代」といわれている。
 ところで、主要国の金本位制度は金貨本位制度であったが、中央銀行の金準備と銀行券発行限度との関係は各国さまざまであった。このような均一な内容ではない各国の体系が一つの統一的な国際金本位機構として機能しえたのは、ひとえに世界の工場であるイギリスの隔絶した経済的優位性によるものである。ポンド・スターリング、ロンドン金融市場、ロンドン金自由市場が、工業国イギリスと農業国である他国との相互補完的で安定的な国際関係を保証したのであった。
 第一次世界大戦中に停止状態となる国際金本位制度は1920年代なかばに再建されるが、アメリカの金貨本位制度への復帰は例外的で、主要国は金核本位制度を、周辺諸国は金為替本位制度を採用した。しかし、1930年代の世界不況のなかで大半の諸国が金本位制度を放棄し、国際金本位制度は崩壊したのであった。日本も第一次世界大戦中の1917年(大正6)に金本位制度を一時停止し、その後1930年(昭和5)に元の平価で復活したが、翌1931年に再停止して今日に至っている。[齊藤 正]
『侘美光彦著『国際通貨制度』(1976・東京大学出版会) ▽西村閑也著『国際金本位制とロンドン金融市場』(1980・法政大学出版局) ▽小島仁著『日本の金本位制時代』(1981・日本経済評論社) ▽玉野井昌夫他編『川合一郎著作集』全6巻(1981~82・有斐閣) ▽春井久志著『名古屋学院大学産業科学研究所研究叢書7 金本位制度の経済学――イギリス金本位制度の理論と歴史・政策』(1992・ミネルヴァ書房) ▽マルチェロ・デ・チェッコ著、山本有造訳『国際金本位制と大英帝国――1890‐1914年』(2000・三嶺書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きんほんい‐せいど キンホンヰ‥【金本位制度】
〘名〙 本位貨幣の素材として金を採用する貨幣制度。本位貨幣一単位の価値は、そこに含まれる金の一定量によって決まる。銀行券または紙幣は、金貨または金地金、金為替と兌換(だかん)される。大別して、金貨本位制度と金核本位制度とがある。金本位。金本位制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金本位制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金本位制度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation