@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金沢文庫【かなざわぶんこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金沢文庫
かなざわぶんこ
鎌倉時代中期,金沢実時 (かねさわさねとき) が武蔵国久良岐郡六浦金沢 (横浜市金沢区) につくった文庫で「かねさわぶんこ」ともいう。現在は神奈川県立金沢文庫図書館。実時は好学武将で,幕府要職を退いたあと,金沢の別荘に引退して書物の収集,書写,校合に努め,文庫をつくってこれらの書物を収めた。実時の死後も,子顕時,孫貞顕が学問を好んだので蔵書は増加し,一族はじめ好学の人たちに公開され,鎌倉時代の関東の文教の中心をなした。しかし,鎌倉幕府滅亡により文庫も事実上廃絶し,蔵書は称名寺に保管されたが,次第に散失した。明治になって復興運動が起り,1930年復活。古書約2万冊,古文書 7000通が収められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

金沢文庫
鎌倉幕府の有力一族・金沢北条氏が称名寺(横浜市金沢区)の境内に設けた図書館。「武家文化の正倉院」ともされる。中国から取り寄せた書籍は、後に有力武将たちの憧れの存在となり散逸した。そのうち徳川将軍家にわったものは、宮内庁国立公文書館にまとまって収蔵されている。1930年に県の施設となった。
(2015-03-04 朝日新聞 朝刊 横浜・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

かなざわ‐ぶんこ〔かなざは‐〕【金沢文庫】
鎌倉中期、北条実時(ほうじょうさねとき)が武蔵国六浦庄金沢郷(横浜市金沢区)の称名寺境内に設立した文庫。和漢の貴重図書を収蔵し、「足利(あしかが)学校」と並んで中世教育史上の重要な存在。昭和5年(1930)公開図書館となる。所蔵する多数の古文書類は「金沢文庫古文書」として刊行されて、典籍類も刊行中。かねさわぶんこ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かねさわ‐ぶんこ〔かねさは‐〕【金沢文庫】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かねさわぶんこ【金沢文庫】
鎌倉中期,金沢実時によって創設された文庫。武蔵国久良岐郡六浦(むつら)荘金沢郷(現,横浜市金沢区金沢町)の居館敷地内に設けられた。その時期は明白でなく,一応,実時が病をえて金沢の自邸に引きこもった1275年(建治1)ころとされている。金沢氏の居館跡は明らかでないが,現在の称名寺に隣接した西方のと考えられ,文庫はその後方山際のあたりに独立の家屋として建てられた。後世この付近は御所ヶ谷と呼ばれ,文庫が設けられたと思われる東北側の小さな谷は文庫ヶ谷と称されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かなざわぶんこ【金沢文庫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かなざわぶんこ【金沢文庫】
かねさわぶんことも
鎌倉中期、北条実時さねときが武蔵国金沢の称名寺境内に創建した文庫。実時が和漢の書籍を蒐集書写して収蔵したのに始まる。金沢学校とも呼ばれ、足利学校とともに中世学問の中心。鎌倉幕府滅亡とともに衰微したが、1930年(昭和5)再興、貴重書多数が現在に伝わる。称名寺文庫。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かねさわぶんこ【金沢文庫】
かなざわぶんこ金沢文庫

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

金沢文庫
武蔵国久良郡六浦荘金沢郷(現 横浜市金沢区金沢町)に北条氏の一族(金沢北条氏)の北条実時が1275(建治元)年頃創設したといわれる文庫.実時は多年にわたり優れた書物を集めその基礎を築いた.その後,顕時,貞顕,貞将と受け継がれ,金沢北条氏滅亡の後は称名寺が管理してきた.最も充実していた頃には2万点から3万点の蔵書があったと考えられる.しかしその後は時々の権力者が多くの蔵書を持ち去り,文庫は退した.1930年に神奈川県が再興し,1990年以降歴史博物館として公開されている.文庫所蔵の書物が祖本となって伝写され今日まで伝わった貴重な文献数多い

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

金沢文庫
(神奈川県横浜市金沢区)
かながわの博物館50選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かなざわ‐ぶんこ かなざは‥【金沢文庫】
鎌倉中期、北条(金沢)実時が病気のために移った武蔵国金沢の別荘に設立した文庫。和漢の貴重な書籍を多数蔵し、金沢学校と呼ばれて、中世関東の学問の中心であった。その子孫も学問を好み、文庫は充実したが、元弘三年(一三三三)北条氏滅亡の後は称名寺の管理下におかれ、急速に衰えて散逸した蔵書が多い。昭和五年(一九三〇)復興されて、博物館として一般に公開されている。その所蔵文書は「金沢文庫古文書」として刊行された。称名寺文庫。かねさわぶんこ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

金沢文庫
かなざわぶんこ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治13.9(岡山・岡山芝居)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

金沢文庫
かねさわぶんこ
横浜市金沢区にある中世の図書館
鎌倉中期,北条実時が設立し,称名寺の住持歴代管理した。中世の和漢の書籍を蔵し,関東の学問の中心をなす。宋・元の書籍を多数所蔵し,講義も行われ金沢学校とも称された。現在は県立資料館として一般に公開されている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金沢文庫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金沢文庫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation