@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金糸【キンシ】

デジタル大辞泉

きん‐し【金糸】
金色の糸。
金箔(きんぱく)を和紙にはりつけ細く切って縒(よ)ったり、金箔を細く切って絹糸などの周囲に縒りつけたりしたもの。金襴(きんらん)などの織物や刺繍(ししゅう)などの装飾用とする。
堆朱(ついしゅ)の一。黄色と赤色の漆を塗り重ねて、彫り目にいく筋もの線を表した漆器。
金めっきをした細い金属線。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんし【金糸】
金を用いた糸の総称切金(きりかね)をそのまま糸として用いるものと,〈箔糸はくいと)〉としたものとがある。前者はヨーロッパ,西アジア地方でもっぱら用いられるいわゆるメタルヤーンで,細断した切金をそのまま,あるいは絹糸などに巻きつけて用いるもの。後者は中国およびその影響を受けた朝鮮,日本で用いられるもので,丈夫な紙になどで金箔を貼りつけ,これを細断して平金糸(ひらきんし)(平箔糸)として用いたり,絹糸に巻きつけて撚金糸(よりきんし)として用いたりする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きん‐し【金糸】
〘名〙
① 金色の糸。薄紙に金箔(きんぱく)を置いて細く切ったものや縒(よ)ったもの、銀・銅の針金に金着(きんきせ)したもの、絹糸・綿糸・レーヨン糸などの芯に金の切箔を縒りつけたものなど。金襴(きんらん)の織物、刺繍(ししゅう)、縫い取りなど種々の装飾に用いられる。金紗(きんしゃ)。金(きん)
※菅家文草(900頃)六・賦新煙催柳色「翠黛開眉纔画出、金絲結繭未繰将
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「襦袢の半襟も黒縮緬に金糸(キンシ)で」
② 漆芸の一種。堆朱(ついしゅ)に類似するが、深い彫り目に朱漆と黒漆の重なりによる筋が多く見える。〔君台観左右帳記(1511)〕
③ 沈香木の外観での分類名称。縦断面に樹脂分が①のように輝いて見えるもの。特に上質の新伽羅に見受ける。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金糸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金糸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation