@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金紅石【きんこうせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金紅石
きんこうせき
rutile
TiO2チタンの重要な原料鉱物ルチルともいう。正方晶系。柱状結晶,双晶多く,膝折り型,6連晶,8連晶,格子状 (網状ルチル) をなす。硬度6~6.5,比重 4.2~5.6。金剛光沢,赤褐,赤,帯黄,帯青などの色を呈し,造岩鉱物のうち最高の屈折率ω2.6124,ε2.8993。動力変成岩火成岩中に広く産する。人工金紅石はチタニヤと呼ばれ,適当な仕上げでダイヤモンドに近い感じの人造宝石になる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんこう‐せき【金紅石】
二酸化チタンからなる鉱物。赤・青・紫・黒・褐色などで、ふつうは柱状結晶。正方晶系火成岩変成岩に含まれる。人工結晶は人造宝石として用いられる。ルチル。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんこうせき【金紅石】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

金紅石
きんこうせき
rutile

鉱石鉱物名。英名そのままでルチルともいう。鋭錐石(えいすいせき)、板チタン石および未命名のTiO2鉱物と同質四像関係にあるが、これらの安定関係については明らかになっていない。火成岩や変成岩を貫く石英脈中、とくに水晶の透明な結晶中に針状結晶をなすほか、熱水変質を受けて多量のアルミニウム鉱物が生成された火山岩・火砕岩(火山砕屑(さいせつ)岩)中に産する。花崗(かこう)岩質ペグマタイト中にも産し、ときに多量のニオブNbやタンタルTaを含む。自形は錐面が発達した正方柱状。徳島県徳島市眉山(びざん)や福島県郡山市手代木(てしろぎ)などは有名な産地。命名は「赤」を意味するラテン語rutilusに由来する。

[加藤 昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きんこう‐せき【金紅石】
〘名〙 チタンの酸化物。TiO2 赤褐色ないし黒色の柱状結晶。〔鉱物字彙(1890)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金紅石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金紅石の関連情報

関連キーワード

防汚ガラスチタンホワイトチタンチタン磁器チタン黄酸化チタン二酸化チタンチタン酸塩酸化チタン(Ⅳ)バリウムオサン式(鉱物化学)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation