@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金色堂【コンジキドウ】

デジタル大辞泉

こんじき‐どう〔‐ダウ〕【金色堂】
内部を金箔(きんぱく)などで飾った阿弥陀堂。極楽浄土を象徴する。
岩手県西磐井(にしいわい)郡平泉町の中尊寺にある藤原清衡(ふじわらのきよひら)基衡(もとひら)秀衡(ひでひら)3代の廟堂。天治元年(1124)清衡が建立。中尊寺創建当時の唯一の完全な遺構で、内外黒漆で塗り、金箔を押したのでこの名がある。藤原時代工芸技術の粋を集めている。光堂(ひかりどう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こんじきどう【金色堂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こんじきどう【金色堂】
内部を極楽世界に模して金箔きんぱくや螺鈿らでんで飾った阿弥陀堂。
岩手県西磐井いわい郡平泉町の中尊寺にある藤原清衡きよひら・基衡もとひら・秀衡ひでひら三代の廟堂。1124年清衡が建立。方三間の単層、屋根は宝形造り。内外に黒漆を塗り、金箔を施す。藤原時代の建築の代表作。光堂ひかりどう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金色堂
こんじきどう

岩手県平泉(ひらいずみ)町の中尊寺(ちゅうそんじ)境内にある廟堂(びょうどう)。1124年(天治1)の建立。藤原清衡(きよひら)、基衡(もとひら)、秀衡(ひでひら)の三体を祀(まつ)る。堂の四壁が金箔(きんぱく)で塗装され、金色に輝くのでこの称がある。光(ひかり)堂ともいう。

[阿部慈園]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こんじき‐どう ‥ダウ【金色堂】
[1] 〘名〙 内部を金箔(きんぱく)などで飾った阿彌陀堂。荘厳な装飾で極楽浄土を象徴するもの。
[2] 岩手県西磐井郡平泉町の中尊寺にある藤原清衡・基衡・秀衡三代の廟堂。天治元年(一一二四)清衡が創建。方三間の単層で、屋根は木瓦葺(こがわらぶき)の宝形造り。内外に黒漆を塗り、上に金箔(きんぱく)を貼る。内部には蒔絵(まきえ)・螺鈿(らでん)の装飾を施し、藤原三代の遺骸を納め、阿彌陀三尊を安置する。藤原時代建築の代表的なもの。国宝。光堂(ひかりどう)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金色堂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金色堂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation