@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金蓮寺【こんれんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金蓮寺
こんれんじ
愛知県南部,西尾市南部の吉良にある曹洞宗創立は明らかでない。弥陀堂 1棟が残っており,文治2(1186)年の建立といわれるが,様式的にみて鎌倉時代中期のものとみられる。住宅風仏堂としてこの時代の代表作で,国宝に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こんれん‐じ【金蓮寺】
京都市北区鷹峯藤林町にある時宗四条派本山山号は錦綾山。応長元年(1311)浄阿が祇陀林(ぎだりん)寺を改めて開創。大正15年(1926)現在地に移転。四条道場。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

金蓮(こんれん)寺
△愛知県西尾市▽にある曹洞寺院。山号は青竜山。寺伝では源頼朝創建とされるが不詳。鎌倉時代後期に建てられた弥陀堂は国宝に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こんれんじ【金蓮寺】
京都市北区にある時宗の寺。旧四条派本山。四条京極にあったため四条道場とも言った。開山は浄阿真観で,時宗旧遊行派第2祖他阿真教の弟子歴代住職はすべて浄阿弥陀仏と号した。当寺および初代浄阿の伝は《浄阿上人行状》《浄阿上人伝》《浄阿上人絵詞伝》(後2者は寺蔵)にある。他阿真教は1309年(延慶2)浄阿を京に派遣し当寺の前身祇陀林寺(ぎだりんじ)(所在に諸説あり,必ずしも当寺の旧地に一致しない)に止住させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こんれんじ【金蓮寺】
京都市北区鷹ヶ峰にある時宗四条派の本山。1308年浄阿の開山。初め祇陀林寺ぎだりんじと称したが、11年、後伏見上皇の命で錦綾山太平興国金蓮寺と改称。四条道場。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金蓮寺
こんれんじ
京都市北区鷹峯藤林(たかがみねふじばやし)町にある時宗(じしゅう)四条派の本山。四条道場ともいう。1308年(延慶1)、京都祇陀林(ぎだりん)寺の浄阿(じょうあ)が、後伏見(ごふしみ)天皇の皇后広義門院の安産を祈願したところ、皇子(光厳(こうごん)天皇)が生まれた。その功によって宣を受け、1311年(応長1)祇陀林寺を改めて金蓮寺と号し、開山となった。のち四条京極(きょうごく)の地に伽藍(がらん)を創建し、上人(しょうにん)号を許された。1788年(天明8)大火で堂宇を焼失したが、1825年(文政8)再建され、1926年(大正15)現在地に移った。寺宝に『一遍上人(いっぺんしょうにん)行状絵伝』20巻がある。室町時代の歌僧頓阿(とんあ)も住した。[平井俊榮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こんれん‐じ【金蓮寺】
京都市北区鷹峰藤林町にある時宗の寺。もと四条派本山。山号は錦綾山。応長元年(一三一一)後伏見天皇が創建。開山は浄阿。もと四条京極にあり、四条道場とよばれた。「一遍上人絵伝」を所蔵する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金蓮寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金蓮寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation