@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金蔵主【こんぞうす】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

金蔵主 こんぞうす
?-1443 室町時代の僧。
後亀山天皇の皇子とも,世明王(説成(かねなり)親王の子)の王子ともいわれる。京都万寿寺となる。嘉吉(かきつ)3年南朝系の尊秀王の京都侵入に応じて,日野有光らにかつがれ兄通蔵主とともに京都御所をおそう(禁闕(きんけつ)の変)。神剣・神璽(しんじ)をうばい,比叡(ひえい)山にのがれるが,同年9月26日管領(かんれい)畠山持国らに討たれた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

金蔵主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金蔵主の関連情報

関連キーワード

足利義勝小倉宮日野有光日野有光モンテフェルトロ家昭和南海地震上杉定正薩戒記世阿弥

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation