@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金融再生委員会【きんゆうさいせいいいんかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金融再生委員会
きんゆうさいせいいいんかい
Financial Reconstruction Commission
金融機関への破綻処理,許認可などを担当するため,内閣府外局として 2001年まで設置された機関。経営悪化した金融機関の円滑処理を目指し,1998年 10月に施行された金融再生委員会設置法に基づき,同年 12月に発足した。金融再生委員会には,銀行が法令に違反した際や,公益を害する行為をした場合,業務の全部か一部停止,取締役・監査役の解任免許取消を命令できる権限が与えられた。公的資金による資本注入や,特別公的管理 (一時国有) 下に置かれた日本長期信用銀行 (現新生銀行) と日本債券信用銀行 (あおぞら銀行) の受け皿会社の選定作業のほか,国民銀行,幸福銀行,東京相和銀行,なみはや銀行,新潟中央銀行の第二地方銀行5行の破綻処理にかかわった。金融再生委員会は 2001年1月に廃止され,破綻処理事務は金融行政を統括する金融庁に統合された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

金融再生委員会
98年12月、一時国有化銀行の処理や公的資金注入を公正に進めるために、政府が2年間の時限で設けた。初代委員長(金融再生担当相)は柳沢伯夫氏。ほかに金融、産業、裁判所、監査法人の各分野から4人の委員が選ばれた。事務局には大蔵省など省庁からの出向組のほか、公認会計士弁護士など民間人も参加した。
(2007-12-15 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

金融再生委員会
きんゆうさいせいいいんかい

1998年(平成10)10月の金融再生委員会設置法に基づき、12月に旧総理府の外局として発足した独立行政委員会。2001年1月の中央省庁再編では、これに先だつ2000年7月に発足していた内閣府外局の金融庁に統合された。

 旧金融再生委員会は委員長と委員4人で組織され、委員長には閣僚があてられていた。同委員会の下に、金融監督庁と株価算定委員会が置かれていた。委員会の権限は、(1)金融破綻(はたん)処理制度、金融危機管理に関する調査、企画、立案、(2)金融整理管財人による管理、特別公的管理などの金融機関破綻処理に関すること、(3)銀行等の免許に関する事務だが、(1)については旧大蔵省との共同管轄となっていた。発足以来、日本長期信用銀行(現、新生銀行)、日本債券信用銀行(現、あおぞら銀行)、国民銀行(2000年八千代銀行に営業譲渡)、幸福銀行(現、関西アーバン銀行)などの破綻処理を行ってきた。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金融再生委員会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金融再生委員会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation