@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金襴【きんらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金襴
きんらん
斜文,琥珀繻子,紗などの地組織に金切箔または金糸などで紋様を織り出した美麗豪華な織物。この技法は天正年間 (1573~92) ,中国からに伝わり,のち京都の西陣で盛んに織られた。繊維はや綿。本金襴 (純絹) は能装束袈裟 (けさ) ,帯,装飾用布地,綿金襴は雛衣裳用とされる。銀糸を用いたものを銀襴と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きん‐らん【金×襴】
綾地または繻子地(しゅすじ)に金糸で文様を織り出した織物。袈裟(けさ)・能装束・帯地・袋物・表装などに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんらん【金襴】
金糸を絵緯(えぬき)として文様を織り出した織物。中国では〈織金(しよくきん)〉という。織造期は宋代とされ,日本には鎌倉時代のころ入宋の禅僧伝法しるしとした袈裟の,あるいは書画などの付属品として持ち帰った。室町時代には朝貢の返礼として,また交易品として盛んに載されるようになり,それらのうちで茶道仕覆(しふく)や軸物の表装などに用いられたものが〈名物裂〉として珍重され,今日に伝えられている。金襴の名称の起りは判然としないが,元代の《事林歴記》官民服飾の条に〈四品五品金袖襴〉とあり,これが袖と襴(衣の裾につく)に金文のある衣服と解釈されることから,襴に金文のある〈金襴衣〉の名が日本で転じて織物の名称として用いられるようになったと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きん‐らん【金襴】
〘名〙 織物の一種。綾、繻子(しゅす)、羅、紗(しゃ)などの緯(よこいと)に、紙に金箔をはってこれを細く切った平金糸で模様を織り出したもの。地質、地色で種々に分類する。織金(おりきん)
※太平記(14C後)一二「其衣裳は豹虎皮を行騰(むかばき)に裁ち、金襴(きんラン)纐纈(かうけつ)を直垂に縫へり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金襴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金襴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation