@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金谷【かなや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金谷
かなや
静岡県中部,島田市南西部の旧町域。大井川中流右岸にある。 1889年町制。 1957年五和村と合体。 2005年島田市と合体。北部の五和地区は赤石山脈の前山地域,南部は牧之原台地北部を占める。中心集落の金谷は牧之原台地北部崖下の狭い谷間にある。天正 18 (1590) 年,大井川の河道を東に移したことにより,金谷が渡河地点となり,対岸の島田とともに東海道宿場町として繁栄。現在は牧之原台地を背後に控えた県下屈指の茶の産地。製材,コンクリート製品,鉄鋼,食品などの工業も行なわれる。諏訪原城跡は国の史跡。 JR東海道線金谷駅から千頭を経て井川まで大井川鉄道が通じ,奥大井観光の起点となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金谷
かなや
千葉県南西部,富津市の一地区。鋸山登山の起点でロープウェーが通じる。浦賀水道にのぞみ,金谷と三浦半島久里浜間に東京湾フェリー就航。浜金谷近くの砲台山には,レジャーランドが開設されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かなや【金谷】
静岡県島田市の地名。旧町名。大井川西岸にあり、東海道五十三次の大井川渡しの宿場町として発達。JR東海道本線から大井川鐵道(てつどう)が分岐する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

金谷
(静岡県島田市)
東海道五十三次指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かなや【金谷】
静岡県島田市の地名。大井川西岸に位置する東海道五十三次二十四番めの宿駅で、島田と対する川越え地点として繁栄。茶の生産の中心地。大井川鉄道の起点。金屋。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きん‐こく【金谷】
[一] 中国、河南省洛陽の西北渓谷。晉の石崇(せきそう)の別荘、金谷園があった。
※懐風藻(751)初春於作宝楼置酒〈長屋王〉「景麗金谷室。年開積草春」
[二] 金谷園のこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金谷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金谷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation