@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金鍍金【キンメッキ】

デジタル大辞泉

きん‐めっき【金鍍金】
[名](スル)金以外の金属の表面に、金の薄膜を付着させること。また、そのもの。ふつうは、金シアン化カリウムを電解液とする電気めっき法で行う。装飾品・電子部品などに使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんめっき【金鍍金】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんめっき【金鍍金】
スル
金の薄層を他の金属の表面に固着させること。電気めっきは金板か黒鉛板を陽極とし、目的の金属製品を陰極として、金シアン化カリウムを主成分とする水液中に直流電流を通じて行う。古くは金アマルガムを目的物にこすりつけたのち、水銀を蒸発させる方法がとられた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐めっき【金鍍金】
〘名〙 金属材料の表面に、金の薄膜を付着させること。また、その処理を施したもの。ふつう、解液には金シアン化カリウム、陽極には金・白金または黒鉛の板を用い、金属材料を陰極とする。きんときん。
※室町殿日記(1602頃)七「くゎん金めっき。たくぼくからのこうばひ可然候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金鍍金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金鍍金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation