@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金雲母【きんうんも】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金雲母
きんうんも
phlogopite
K2Mg6(Si6Al2O20)(OH)4黒雲母のうち,化学組成上,がなくてマグネシウムによって満たされているもの。単斜晶系,黒緑色,ガラス光沢薄片では無色,帯黄,帯褐色。比重 2.76~2.90,硬度2~2.5。鉄(II)/マグネシウム比の小さい石灰質変成岩に産する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きん‐うんも【金雲母】
黒雲母の一。黄褐色赤褐色真珠光沢がある六角板状の結晶電気絶縁体に利用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんうんも【金雲母 phlogopite】
フロゴパイトとも呼ぶ。黒雲母と連続固溶体をなすマグネシウムMgに富む雲母。端成分KMg3(Si3Al)O10(OH)2の名前として用いられるが,Fe/Mg<1/2の組成範囲に対する名前とする定義もある。単斜晶系がふつうで,ときに三方晶系ポリタイプもある。へき開は底面に完全。モース硬度2~2.5,密度2.76~2.90。ふつう黄褐色から赤褐色。無色,白色,緑色のものもある。変成した石灰岩ドロストーンおよび超塩基性岩に産する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

金雲母
きんうんも
phlogopite

雲母の一種。しばしば大きな擬六方柱状ないし板状の結晶をなす。結晶の外形が明瞭(めいりょう)なものはたいてい金雲母である。そのほか鱗片(りんぺん)状結晶をなすものもある。端成分に近いものは苦灰岩質起源のスカルン中によく産し、また超塩基性岩、キンバレー岩中にも産する。従来、黒雲母とよばれたものの多くは、金雲母に属する。これは花崗(かこう)岩などでよくみられる。変成層状マンガン鉱床中に産するものは、しばしばマンガンを多量に含み、まれにはバリウムを含むこともある。良質で大形の結晶は、絶縁体などに利用される。英名は、しばしば赤みを帯びたものがあるところから、「火のような」という意味のギリシア語に由来する。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐うんも【金雲母】
〘名〙 黒雲母の一種。鉄に乏しく、マグネシウムに富むもの。〔鉱物字彙(1890)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金雲母」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金雲母の関連情報

関連キーワード

黒雲母鉱物

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation