@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金魚【キンギョ】

デジタル大辞泉

きん‐ぎょ【金魚】
フナを原種とする観賞用の淡水魚和金琉金(りゅうきん)出目金頂天眼オランダ獅子頭(ししがしら)蘭鋳(らんちゅう)キャリコなど、品種は極めて多い。品種によってひれ・目・頭部・体形・体色などに著しい変化がみられる。中国の原産で、日本へは文亀2年(1502)に渡来。 夏》「思ひ出も―の水も蒼を帯びぬ/草田男

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

金魚 (キンギョ)
学名:Carassius auratus
動物。コイ科の淡水魚

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐ぎょ【金魚】
〘名〙
① コイ科の淡水魚。フナから人為的に飼育淘汰されてできたものと考えられ、品種が多い。目は出目、水泡眼などに、尾びれは三つ尾、ふな尾、さくら尾などに分けられる。体色は赤がおもで、紅白や黒などがある。産卵期は春で、食性は雑食性。古くから愛玩(あいがん)用として飼育され、ワキン、デメキン、リュウキン、ランチュウなどの品種がある。原産地は中国の江西省と考えられ、日本には一六世紀初め輸入されたといわれる。《季・夏》
※日葡辞書(1603‐04)「Qinguio(キンギョ)。コガネノ ウヲ」
※洒落本・辰巳之園(1770)「猪牙船の早きにおどろき、金魚の数にあきれ」
② 口の黄色い鯉(こい)。貴人の食べる魚。
※大草殿より相伝之聞書(16C中か)「きんぎょとは、口のきなる鯉の事にて候」
③ 菓子の一種。表を①の形につくり、裏はがらんどうになった江戸時代の砂糖菓子。
※雑俳・柳多留‐二一(1786)「金魚を片身上げておくけちなひな」
④ 金や金銭のたとえ。
※談義本・根無草(1763‐69)前「近年は押なべて金魚銀魚の手はまはらず、ほうぼうより緋鯉にせつかれ」
※洒落本・当世風俗通(1773)時勢髪八体之図「金魚(キンギョ) 舟底とも云」
⑥ 舞妓(まいこ)の俗語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金魚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金魚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation