@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

針尾瀬戸【はりおせと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

針尾瀬戸
はりおせと
別称伊ノ浦瀬戸。長崎県中部,西彼杵半島針尾島との間にある水道。東の早岐瀬戸とともに大村湾佐世保湾とを結ぶ。約 300m,深さ約 30mで 500t未満の船舶航行可能。潮流が急で,1955年にかけられた西海橋観潮名所でもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はりお‐せと〔はりを‐〕【針尾瀬戸】
長崎県大村湾の北西入口西海市と、佐世保市針尾島との間にある瀬戸。潮流が激しい。昭和30年(1955)完成の西海橋が架かる。伊ノ浦瀬戸。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はりおせと【針尾瀬戸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

針尾瀬戸
はりおせと
長崎県大村湾の北西の入口、西海(さいかい)市西彼町(せいひちょう)と佐世保(させぼ)市針尾島との間にある瀬戸。伊ノ浦瀬戸(いのうらせと)ともいう。幅350~500メートル。水深30メートル内外。潮流はわが国有数の急潮の一つで、節句(せっく)潮(旧暦3月3日)には、内外の潮の落差は1メートル以上を示し、激流は直径5~10メートルの渦潮を生ずる。『肥前国風土記(ふどき)』に記載されている「速来門(はやきのと)」は、この瀬戸のこととされている。この瀬戸によって、久しく佐世保方面と西彼杵(にしそのぎ)半島との交通は切断され、半島は陸の孤島であったが、この瀬戸に西海橋が架橋(1955)された。また2006年(平成18)には新西海橋(西海パールライン)が開通した。[石井泰義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

針尾瀬戸
(長崎県佐世保市・西海市)
日本三大急潮指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

針尾瀬戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

針尾瀬戸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation