@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

針路【シンロ】

デジタル大辞泉

しん‐ろ【針路】
《羅針盤で進行方向を知るところから》船舶・航空機などの進む方向。コース。「南に針路をとる」「針路を外れる」
目ざす方向。進路。「党の針路

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐ろ【針路】
〘名〙
① 船、または飛行機の進むべき航路。また、その方角。磁針によって進行方向を決めるところからいう。
※南海紀聞(1793)「再び西風強く吹ければ、又卯の針路にて漂ひ行く」
※別天地(1903)〈国木田独歩〉下「針路(シンロ)を海洋島の方向に取って」
② (比喩的に) 進むべき方向。進路。むき。
※志賀直哉論(1953)〈中村光夫〉内村鑑三「文学を通じての反抗が彼の生涯の針路を決定して行ったについては」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

針路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

針路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation