@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

釣女【つりおんな】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

釣女
つりおんな
歌舞伎舞踊曲。常磐津本名題『戎詣 (えびすもうで) 恋釣針』。 1883年常磐津と岸沢の家元対立を和解する披露曲として作られた。歌舞伎での初演は 1901年東京座。河竹黙阿弥作 (のちに竹柴晋吉補筆) ,6世岸沢式佐作曲,1世花柳寿輔振付。狂言の『釣針』に基づく松羽目物大名が太郎冠者を西宮戎神社に参詣し,妻を授かりたいと念ずると,釣針が与えられる。それで釣りをすると,大名には上臈 (じょうろう) が釣れるが太郎冠者には醜女が釣れてしまうというもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つりおんな〔つりをんな〕【釣女】
歌舞伎舞踊。常磐津(ときわず)。河竹黙阿弥作詞、6世岸沢古式部作曲。明治16年(1883)常磐津・岸沢両派の和解の披露曲として初演奏。同34年東京座で「戎詣恋釣針(えびすもうでこいのつりばり)」の名題で初演。狂言「釣針」を脚色した松羽目(まつばめ)物。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

つりおんな【釣女】
狂言の一。釣針つりばりに同じ。
歌舞伎舞踊の一。常磐津。河竹黙阿弥作詞。六世岸沢式佐作曲。狂言の「釣針」の舞踊化。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つりおんな つりをんな【釣女】
[二] 歌舞伎所作事。常磐津。河竹黙阿彌作詞。六世岸沢式佐作曲。明治一六年(一八八三)初演奏。同三四年東京座初演の上演名題「戎詣恋釣針(えびすもうでこいのつりばり)」。初世花柳寿輔振付。狂言「釣針」による松羽目物。大名と太郎冠者が蛭子(えびす)神社に参詣し、御夢想をうけて大名は美女を、太郎冠者は醜女をつり上げる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

釣女
(通称)
つりおんな
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
戎詣恋釣針 など
初演
明治16.12(大阪・花柳寿輔公演)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

釣女
つりおんな

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釣女」の用語解説はコトバンクが提供しています。

釣女の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation