@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

釣狐【つりぎつね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

釣狐
つりぎつね
狂言の曲名釣りの名人猟師 (アド) に一族を釣り絶やされて,わが身の危うくなった古狐 (シテ) が,猟師の伯父白蔵主に化けて行き,玉藻の前の故事を引いて,狐のたたりを説き猟師に狐釣りを思いとどまらせる。しかしに仕掛けられたねずみ油揚げを忘れられず,正体を現してついに罠にかかるが,苦闘の末にかろうじて逃れ去る。肉体的苦痛を伴う大曲で,和泉流では大習,大蔵流では極重習 (ごくおもならい) とする。すなわち『釣狐』を初演することにより一人前狂言師と認められることになっている (→習物 ) 。歌舞伎にも取入れられ,その一連を釣狐物という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つりぎつね【釣狐】[作品名]
狂言。猟師の伯父に化けた狐が、殺生をやめて罠(わな)を捨てるよう猟師を説得するが、帰りに餌(えさ)の誘惑に負けて本性を現す。吼噦(こんかい)。今悔(こんかい)。
歌舞伎舞踊。長唄。河竹黙阿弥作詞、3世杵屋(きねや)正次郎作曲。明治15年(1882)東京春木座で9世市川団十郎が初演。に取材したもの。新歌舞伎十八番の一。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つりぎつね【釣狐】
狂言の曲名。雑狂言大蔵,和泉両流にある。一族の狐がつぎつぎと猟師に捕らえられ,今やわが身もねらわれている老狐が,猟師の伯父である白蔵主(はくぞうす)というに化けて,猟師の家を訪れる。白蔵主は妖狐玉藻前(たまものまえ)の伝説を物語り,狐の執心の恐ろしさを強調し,猟師に罠(わな)を捨てさせることに成功する。喜んだ白蔵主は小歌まじりに帰る道中,先刻猟師に捨てさせた罠を発見する。罠には大好物の若ねずみの油揚げが餌についている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つりぎつね【釣狐】
狂言の一。古狐が猟師の家へ伯父の白蔵主はくぞうすに化けて出向き、狐を捕ることを思いとどまるようさとすが、その帰り道に、わなの餌の誘惑に負けて正体を現してしまう。吼噦こんかい
歌舞伎舞踊の一。長唄。河竹黙阿弥作詞。同名の狂言から取材し、舞踊化したもの。新歌舞伎十八番の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

釣狐
つりぎつね
狂言の曲名。雑狂言。仲間を釣り絶やされた古狐が、猟師に殺生を断念させようと、猟師の伯父の伯蔵主(はくぞうす)(前シテ、伯蔵主の面を使用)に化けて現れ説教をする。まんまと猟師をだまし、これからは狐を釣らぬと約束させた帰り道、古狐は猟師が捨てた罠(わな)をみつけるが、その餌(えさ)の誘惑に耐えかね、身にまとった化け衣装を脱ぎ捨てて身軽になって出直そうと幕に入る。それと気づいた猟師が罠を仕掛けて待つところに、本体を現した古狐(後シテ、縫いぐるみに狐の面を使用)が登場、餌に手を出し罠にかかるが、最後にはそれを外して逃げてしまう。
 人(役者)が狐に扮(ふん)し、その狐がさらに人(伯蔵主)に化けるという、二重の「化け」を演技するため、役者は極度の肉体的緊張を強いられ、しかもその「化け」がいつ見破られるかという精神的緊張が舞台にみなぎる。演技の原点である「変身」を支える肉体と精神がそのまま主題となった本曲は、それゆえに、「猿(『靭猿(うつぼざる)』の子猿)に始まり狐に終わる」といわれる狂言師修業必須(ひっす)の教程曲であり、ひとまずの卒業論文である。なお、江戸時代から再々歌舞伎(かぶき)舞踊化され、釣狐物というジャンルを生んだ。[油谷光雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つり‐ぎつね【釣狐】
[1] 〘名〙 わななどを用いて狐を捕えること。
※俳諧・西鶴大句数(1677)四「大伴のうらの塩有昆布山椒 つり狐にはとぼすいさり火」
[2]
[一] 狂言。各流。古狐が猟師のおじの白蔵主という僧に化けて、猟師に狐の執心の恐ろしさを説き殺生を止めさせる。帰途、猟師が捨てたわなについている油揚げに気をひかれ、わなにかかるが必死にはずして逃げる。大蔵流では極重習(ごくおもならい)、和泉流では大習いとして重んじている大曲。鷺流および「狂言記」で「こんか(くゎ)い」。
[二] 歌舞伎所作事。狂言「釣狐」に取材したもの。
① 長唄。本名題「釣狐春乱菊(つりぎつねはるのらんぎく)」。作詞者不明。作曲者杵屋六三郎。明和七年(一七七〇)江戸中村座初演。
② 常磐津。二世桜田治助作詞。岸沢仲助(のちの五世式佐)作曲。本名題「寄罠娼釣髭(てくだのわなきやつをつりひげ)」。文政八年(一八二五)江戸市村座初演。曾我狂言の一部分として作られたもの。朝比奈がわなを持ち、虎と少将が狐の姿で現われて踊りとなる。朝比奈の釣狐。
③ 常磐津。中村重助作詞。四世岸沢式佐作曲。本名題「若木花容彩四季(わかきのはなすがたのさいしき)」。天保九年(一八三八)江戸市村座初演。工藤がわなを持ってせり上がり、釣狐の所作があり、曾我の対面となる。釣狐の対面。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

釣狐
つりぎつね
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
貞享4.7(江戸・長州毛利侯邸)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釣狐
(通称)
つりぎつね
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
寄罠娼釣髭 など
初演
文政8.1(江戸・市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釣狐」の用語解説はコトバンクが提供しています。

釣狐の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation