@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

釣針・釣鉤【つりばり】

精選版 日本国語大辞典

つり‐ばり【釣針・釣鉤】
[1] 〘名〙 魚を釣るために使う針。古いものは縄文時代初期の貝塚から出土。骨角製のものが多いが、彌生時代以降には、青銅製・鉄製もみられる。現在は鉄製が多く、形態は釣る対象魚によって異なるが、丸型、角型、袖型が代表的。鉤(ち)。〔名語記(1275)〕
[2] (釣針) 狂言。各流。主人と太郎冠者が西の宮の夷(えびす)に妻ごいに行き、西門にある釣り針で妻をつれという夢想を受ける。そこで、太郎冠者は主人の奥様と腰元数人を釣った後自分の妻を釣るが、被衣(かずき)をとってみるとひどい醜女なので逃げ出す。「狂言記」では「釣女」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釣針・釣鉤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

釣針・釣鉤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation