@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

釣魚大全【ちょうぎょたいぜん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

釣魚大全
ちょうぎょたいぜん
The Compleat Angler
イギリスの伝記作家 I.ウォルトン随筆。 1653年刊。釣師猟師鷹匠がそれぞれの楽しさを語り合ううち,釣師のにほかの2人が従うようになる。その間にさまざまな魚の釣り方や料理の仕方釣道具のこと,釣れる川やのことが論じられる。またや歌も挿入されて静謐田園生活の楽しさを語る。 55年に増補版が出版され,さらに C.コットンによる続編が 76年に出された。コットンの書いた部分も釣師と猟師との対話形式をとり,楽しみながら自然の美しさを語るという仕組みになっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょうぎょたいぜん〔テウギヨタイゼン〕【釣魚大全】
《原題The Compleat Angler》英国の伝記作家・随筆家、ウォルトンによる随筆。初版は1653年刊行。1676年に刊行された第5版は、著者自身の増補と、詩人チャールズ=コットンによる第2部が加えられており、標準版とされている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうぎょたいぜん【釣魚大全 The Compleat Angler】
イギリスの随筆家I.ウォールトンによる,主として川魚釣りに関する文章。1653年刊。釣師,猟師,農民らの対話形式で,釣りが高雅な楽しみであることを説いている。釣場やしかけ,餌など,技法上の解説も貴重だが,血なまぐさいピューリタン革命のまっただ中に,牧歌的な世界の貴重な静けさを説いたこと,しかもそれをきわめて上質の散文で語ったことで,不滅の文学とたたえられる。【川崎 寿彦

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

釣魚大全
ちょうぎょたいぜん
The Compleat Angler

イギリスのエッセイスト、アイザック・ウォルトンの随筆。初版は1653年。筆者の増補とイギリスの詩人であり作家でもあるチャールズ・コットンCharles Cotton(1630―1687)の筆になる第二部を加えた1676年の第五版が標準版。釣師、猟師、鷹匠(たかじょう)、その他の人物の対話形式で、魚の生態や料理法に触れながら釣りの技術が語られる。釣りの楽しみを語っていて、実はイギリスの古きよき時代を懐かしく回想し、自然に包まれた素朴で静かな生活の礼賛が作者の真意で、心の記録ともいえよう。聖書に次いで広く読まれたといわれる。

[平 善介]

『森秀人訳『完訳 釣魚大全』(1974・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釣魚大全」の用語解説はコトバンクが提供しています。

釣魚大全の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation