@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

釧路【クシロ】

デジタル大辞泉

くしろ【釧路】
北海道の旧国名。現在の釧路総合振興局と十勝総合振興局の一部にあたる。
北海道東部の総合振興局。局所在地は釧路市
北海道東部の市。総合振興局所在地。北洋漁業基地。水産業・製紙業などが盛ん。平成17年(2005)10月、阿寒(あかん)町・音別(おんべつ)町と合併。音別地区は約15キロ離れた飛び地となっている。人口18.1万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くしろ【釧路】
北海道旧一一か国の一。と十勝とかち支庁の一部を含む地域。
北海道南東部の支庁。支庁所在地、釧路市。
北海道南東部、太平洋に臨む市。釧路支庁所在地。沿岸・北洋漁業の基地。水産加工・製紙・化学肥料などの工業が盛ん。付近は濃霧地帯。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くしろ【釧路】
[一] 北海道一一か国の一つ。明治二年(一八六九)松前藩直轄地として開かれた久寿里(くすり)・白糠(しらぬか)・厚岸(あっけし)の三領を合わせて成立。
[二] 北海道南東部にある地名。太平洋に面する。釧路支庁の所在地。寛永一二年(一六三五)松前藩の直領地となる。根室本線、釧網本線が通じ、道東の交通・流通・観光の中心。日本最大級の漁港をもち、水産加工、パルプ製紙などの工業もさかん。大正一一年(一九二二)市制。
[三] 北海道東部、太平洋に面する支庁。昭和三二年(一九五七)成立。支庁所在地は釧路市。
[四] 北海道南東部、釧路支庁の郡。釧路川東岸にある。明治二年(一八六九)釧路国の一部として成立。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釧路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

釧路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation