@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鈴懸草【スズカケソウ】

デジタル大辞泉

すずかけ‐そう〔‐サウ〕【鈴懸草】
ゴマノハグサ科の多年草岐阜県の一部の竹林中にみられる。つるが伸び、夏、葉のわきに多数の濃紫色の小花を房状につける。古くは園芸用に栽培

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

鈴懸草 (スズカケソウ)
学名:Veronicastrum villosulum
植物。ゴマノハグサ科の多年草

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すずかけ‐そう ‥サウ【鈴懸草】
〘名〙 ゴマノハグサ科の多年草。竹やぶの中に生え、茎はつる状に伸びて長さ約二メートルとなり、ところどころ地について発根し、新しい株を生ずる。全体に褐色の長軟毛を密生。葉は互生し、短柄をもち長さ五~一三センチメートルの長卵形で先はとがり縁にあらい鋸歯(きょし)がある。夏、濃紫色の筒状花を球状に密集してつける。花冠は長さ約七ミリメートルの細い筒状で内面に毛があり、雄しべは二本で長く花外に突き出る。江戸時代に園芸植物として栽培されたが現在ではほとんど栽培されず、岐阜県南部にわずかに自生状態のものがみられる。〔物品識名(1809)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴懸草」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鈴懸草の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation