@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鈴木朖【すずき あきら】

美術人名辞典

鈴木朖
江戸後期国学者尾張生。山田は叔清、通称は常介、離屋とする。本居宣長に学んで一家を成した。天保8年(1837)歿、74才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

すずき‐あきら【鈴木朖】
[1764~1837]江戸後期の国学者。尾張の人。号、離屋(はなれや)。本居宣長(もとおりのりなが)門下品詞・活用・語源などの研究に努めた。言語(げんぎょ)四種論」「活語断続譜」「雅語音声考(がごおんじょうこう)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

鈴木朖 すずき-あきら
1764-1837 江戸時代後期の国学者,儒者。
宝暦14年3月3日生まれ。本居宣長(もとおり-のりなが)にまなぶ。文政4年尾張(おわり)名古屋藩の藩儒。晩年に藩校明倫堂の教授並となり,国学を講じ,言語学にすぐれた。天保(てんぽう)8年6月6日死去。74歳。本姓は山田。字(あざな)は叔清。通称は常介。号は離屋(はなれや)。著作に「活語断続譜」「雅語音声考(おんじょうこう)」「言語(げんぎょ)四種論」など。
【格言など】菓子より砂糖,砂糖より鰹節,鰹節より金(講義の謝礼の例として,玄関にかかげたことば)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

すずきあきら【鈴木朖】
1764‐1837(明和1‐天保8)
江戸後期の漢学者,国語学者。通称は常介,字は叔清,号は離屋。名古屋西枇杷(びわ)島に生まれ,学問で尾州侯に仕え,晩年には藩校明倫堂の教授をつとめた。多くの著書のうち,次の3種は国語学史上に大きな意味をもつ。《活語断続譜》は1803年(享和3)以前に成り,本居宣長の説に富士谷成章の考え方を調和して,活用を1等から8等の段(のちに7段)に整理し,助辞への接続を明らかにした。《雅語音声(おんじよう)考》は16年(文化13)の刊行で,単語に擬声・擬態起源のものの多いことを4種に分けて説いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すずきあきら【鈴木朖】
1764~1837 国学者・儒者。名古屋の生まれ。号は離屋はなれや。本居宣長に学び、特に、言語の体系的分類、活用研究にすぐれた著作を残した。著「言語げんぎよ四種論」「活語断続譜」「雅語音声考」「論語参解」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鈴木朖
すずきあきら
[生]宝暦14(1764).3.3? 尾張
[没]天保8(1837).6.6?
江戸時代後期の国学者,漢学者。幼名は恒吉,通称は常介,字は叔清,号は離屋。父は医師山田重蔵,母ソノ。初め市川匡門に入門,古文辞学派の儒者となったが,のち本居宣長に傾倒,寛政4 (1792) 年に入門,その後春庭門に入った。天保4 (1833) 年に明倫館教授に登用され,国学も講じた。著書に『活語断続譜』 (03以前成立) ,『雅語音声考』 (16) ,『言語四種論』 (24) のほか『大学参解』『論語参解』『希雅』『玉の小櫛補遺』『雅語訳解』『離屋学訓』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鈴木朖
すずきあきら
(1764―1837)
江戸後期の国学者、儒学者。名は朖・朗ともに用いる。字(あざな)は叔清、通称は常介(助)、号は離屋。宝暦(ほうれき)14年3月3日尾張(おわり)国西枇杷島(にしびわじま)(愛知県清須(きよす)市)に生まれ、のち祖父鈴木氏を相続する。12歳で徂徠(そらい)学の市川鶴鳴(いちかわかくめい)の門に入る。20歳ごろから国学にも関心をもち、1792年(寛政4)29歳のとき本居宣長(もとおりのりなが)の門に入る。晩年、尾張藩校明倫堂教授並となり、天保(てんぽう)8年6月6日、74歳で没。国学上の著書に、日本語を「体ノ詞(ことば)・形状(ありかた)ノ詞・作用(しわざ)ノ詞・テニヲハ」の4種に分類して説いた『言語四種(げんぎょししゅ)論』、切れ続きによる活用語の活用の仕方を整理した『活語断続譜』(1803ころ成立)、音声で物事を象(かたど)り写した言語について説いた『雅語音声(おんじょう)考』(1816)などがあり、漢学上の著書に『大学参解』(1803成立)『論語参解』『希雅』(1816)などのほか、学問について述べた『離屋学訓』(1828)などがある。とくに『活語断続譜』は写本で伝わったが、結果的に富士谷成章(ふじたになりあきら)、本居宣長の活用語研究の成果を統一し、本居春庭(はるにわ)の『詞(ことば)の八衢(やちまた)』の成立に影響を与えた。[古田東朔]
『時枝誠記「鈴木朖の国語学史上に於ける位置」(『国語と国文学』1927.1所収・至文堂) ▽岡田稔・市橋鐸著『鈴木朖』(1967・鈴木朖顕彰会) ▽鈴木朖学会編・刊『文莫』各年刊(1976~2007)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

鈴木朖 (すずきあきら)
生年月日:1764年3月3日
江戸時代中期;後期の国学者
1837年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すずき‐あきら【鈴木朖】
江戸後期の国学者。通称常介。号は離屋(はなれや)。尾張国(愛知県)の人。はじめ漢学を修め、寛政四年(一七九二)本居宣長の門にはいった。語学にすぐれ、「雅言訳解」などを著わし、平田篤胤の語学説に影響を与えた。また、名古屋藩校明倫堂で国学を講じた。主著「言語(げんぎょ)四種論」「活語断続譜」「雅言音声考」「玉の小櫛補遺」など。明和元~天保八年(一七六四‐一八三七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木朖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鈴木朖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation