@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鈴本演芸場【すずもとえんげいじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鈴本演芸場
すずもとえんげいじょう
東京,台東区上野にある寄席。江戸時代末期,鈴木仙之助が初め本牧亭として創立。のち鈴本と改称。3代目鈴本孝一郎のとき,本郷本所市川大塚などに同名の寄席を経営するとともに,3女の石井英子に本牧亭を創立させた。現在は上野のみになり,1971年6月に建設された鉄筋コンクリート建てビルの一角を占めている。客席 300。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すずもと‐えんげいじょう〔‐エンゲイヂヤウ〕【鈴本演芸場】
東京都台東区にある演芸場。安政4年(1857)「軍談席本牧亭」として開場落語を中心に上演されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

鈴本演芸場
東京都台東区にある劇場。1857年開館。座席数は約290席。落語、色物の公演が行われる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すずもとえんげいじょう【鈴本演芸場】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鈴本演芸場
すずもとえんげいじょう
東京都台東(たいとう)区上野二丁目にある寄席(よせ)。1857年(安政4)鈴木仙之助により広小路町に開場、軍談本牧(ほんもく)亭といったが、76年(明治9)に鈴本亭と名が変わった。関東大震災(1923)で焼失したのを機に筋向かいの現在地に移転、第二次世界大戦後、鈴本演芸場として再開場した。1971年(昭和46)にビルの中の寄席として全面的に改築。椅子(いす)席で客席数300。数少ない東京の寄席で歴史も古い。なお、明治から大正にかけて同系統の鈴本と称する寄席がほかに三軒あった。[向井爽也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴本演芸場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鈴本演芸場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation