@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鉄のカーテン【てつのカーテン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鉄のカーテン
てつのカーテン
iron curtain
西ヨーロッパその他の非共産圏諸国に対するソ連とソ連圏諸国の閉鎖的態度をさした表現。 1946年3月5日,イギリスの W.チャーチル首相はアメリカのミズーリ州フルトンのウェストミンスター・カレッジで演説し,「バルト海のステッティンからアドリア海トリエステにいたるまでカーテン大陸を横切って降ろされている。その線の背後には中央ヨーロッパおよび東ヨーロッパの古い国々のすべての首都がある。こうしたすべての有名な都市とその周辺の住民はソ連の勢力範囲内にある」と述べた。この表現は,第2次世界大戦が終ったあとの当時の連合国の分裂した不信の雰囲気を的確に表わしていたために,急速に流行した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てつ‐の‐カーテン【鉄のカーテン】
iron curtain》第二次大戦後、東ヨーロッパの社会主義諸国が、資本主義諸国に対してとった秘密主義や閉鎖的態度などを障壁として風刺した語。1946年、英国チャーチルが用いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

鉄のカーテン
一九四六年、ソ連がハンガリールーマニアなどと結び東欧勢力圏を構築しつつある様を、イギリスの元首相チャーチルは、「鉄のカーテン」を引こうとしていると評し、冷戦時代の到来を予言した。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

てつのかーてん【鉄のカーテン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てつのカーテン【鉄のカーテン】
第二次大戦後、ソ連と東欧の社会主義圏の諸国が、西欧の自由主義国との間に設けた厳しい封鎖線をたとえた語。1946年チャーチルが演説で用いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鉄のカーテン
てつのかーてん
iron curtain
1946年3月5日、ウィンストン・チャーチルがアメリカ訪問中、ミズーリ州フルトンで行った演説で、ソ連の秘密主義を非難するため用いたことば。この演説でチャーチルは「シュチェチンからトリエステまで“鉄のカーテン”が下ろされている」と述べ、ソ連が支配する地域では、ソ連が無限に権力を拡大しており、この動きを制するためには圧倒的な武力が必要であると述べて、第二次世界大戦後の「冷戦」を告げる有名なことばとなった。チャーチルはこの演説以前にも書簡のなかでこのことばを用いている。なお、このことばは、ナチス・ドイツ宣伝相ゲッベルスがドイツ敗戦直前に書いた論文のなかで用いたのが最初だといわれている。[藤村瞬一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てつ【鉄】 の カーテン
(iron curtain の訳語)
① 第二次世界大戦後、ソ連の支配する東欧の社会主義圏が自己防衛のために西欧の資本主義圏に対してきびしく門戸をとざしていたことを、一九四六年三月アメリカ訪問中のイギリスの首相チャーチルが演説で皮肉って使ったことば。
※第2ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉カーテン「ソ連は鉄のカーテンをもった。中共は竹のカーテンをもつといわれている」
② 転じて、強固に交際、交流などを邪魔するもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

鉄のカーテン
てつのカーテン
Iron Curtain
1946年に,イギリス保守党の党首チャーチルがアメリカのフルトン市で行った反ソ演説中の比喩
「今日,バルト海のシュテッティンからアドリア海のトリエステに至るまで,大陸を横ぎって鉄のカーテンがおりている」といい,ソ連外交の秘密主義を責め,西側陣営の提携を訴えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄のカーテン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉄のカーテンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation