@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鉄囲山【てっちせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鉄囲山
てっちせん
仏教の世界説にある鉄製の架空の。世界の中心須弥山 (しゅみせん) を取巻く4州があって,そのまわりを9山8海が囲み,そのまた外側にあるとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てっち‐せん【鉄囲山】
仏語。世界の中心にある須弥山(しゅみせん)をめぐる九山八海の最も外側にあるでできた山。鉄輪囲山。金剛山(こんごうせん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てつい‐せん〔テツヰ‐〕【鉄囲山】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てっちせん【鉄囲山】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てついせん【鉄囲山】
てっちせん鉄囲山

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てっちせん【鉄囲山】
古代インドに始まる世界説で、須弥山しゆみせんを中心に取り囲む九山八海くせんはつかいのうち一番外側にある鉄でできた山。また、三千世界のそれぞれを取り囲む山ともいう。鉄輪囲山。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てつい‐せん テツヰ‥【鉄囲山】
※随筆・戴恩記(1644頃)下「須彌の四州のめぐりに九山八海あり。其総めぐりを鉄囲(ヰ)山にて持なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てっち‐せん【鉄囲山】
(「てついせん(鉄囲山)」の変化した語。Cakravāḍaparvata の訳語) 仏語。須彌山(しゅみせん)を囲む九山八海(くせんはっかい)の一つで最も外側の、鉄でできた山。一説に、この外にさらに大鉄囲山があり、先の山との間に八大地獄があるといい、また三千世界おのおのを囲む山であるともいう。てちいせん。
※菅家文草(900頃)一二・為式部大輔藤原朝臣室家命婦逆修功徳願文「乃至鉄囲山、其下枯骨、共成仏道
※日蓮遺文‐撰時抄(1275)「設(たとひ)五天のつわものをあつめて、鉄囲山を城とせりともかなふべからず」 〔法苑珠林‐二〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄囲山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉄囲山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation