@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鉄礬ざくろ石【てつばんざくろいし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

鉄礬ざくろ石
てつばんざくろいし
almandine

ざくろ石グループの一つで、もっとも普通に産する鉱物。偏菱(へんりょう)二十四面体、斜方十二面体などの結晶形をとることが多い。泥質岩起源のホルンフェルス、片麻岩、結晶片岩、花崗(かこう)岩質ペグマタイト、安山岩、デイサイト、砂礫(されき)岩、堆積(たいせき)物中などから産する。日本では福島県石川地方のものが有名。英名は、小アジアの地名アラバンダAlabandaがなまってできたものとされている。古代、そこではざくろ石をカットしたり研磨したりしていた。和名は化学組成による。鉄礬ざくろ石に苦礬ざくろ石pyropeと満礬ざくろ石spessartineの端成分が固溶したものは、三者の頭文字をとってパイラルスパイトpyralspiteとよばれる。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄礬ざくろ石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉄礬ざくろ石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation