@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鉛版【エンバン】

デジタル大辞泉

えん‐ばん【鉛版】
組版の版面から写し取った紙型(しけい)に、すずアンチモン合金を流し込んで作った印刷版。ステロタイプ紙型鉛版。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんばん【鉛版】
活字組版の複製を鉛合金で作ったもの。活字組版(活字と線画凸版あるいは写真版を組み込んだもの)は,大量に印刷すると磨滅するから同じ版を多数作っておくと便利である。英語ではステレオタイプstereotypeといい,同型の版の意味で,日本でも俗にステロまたはステロ版ともいって,ごく少部数の活版印刷物を除いて,この複製版を利用することが多い。原版(活字組版)に紙型用紙を圧して作った紙型に,320℃くらいに加熱し溶融した鉛合金を流し込んで冷却固化したものを,印刷機にかけるのに便利な形に仕上げる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんばん【鉛版】
活字組版・線画凸版とつぱん・網目凸版(写真版)などの原版から紙型をつくり、それに溶融した活字合金を流し込んでつくった複製版。ステレオタイプ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えん‐ばん【鉛版】
〘名〙 活版からとった紙型に鉛の合金を流し込んで作った印刷版。ステロタイプ。
※改正増補和英語林集成(1886)「Emban エンバン 鉛版。Emban(エンバン)ニ トル」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉛版」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉛版の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation