@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鉢かづき【はちかづき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鉢かづき
はちかづき
室町時代の御伽草子。2巻。作者,成立年未詳。母の臨終をかぶせられた備中守藤原実高の姫が,継母に憎まれて家出し,山蔭の三位中将の風呂番をするうちに,その末子の宰相殿と相思の仲となり,嫁比べの前夜,鉢がとれて金銀宝物を得,幸福に暮らす話。『住吉物語』とともに中世継子物 (→継子話 ) の代表作。長谷観音の利益が強調されている。類似の話としてシンデレラがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はちかずき〔ハチかづき〕【鉢かづき】
御伽草子23編の一。2巻。作者未詳。室町時代の成立とされる。母の臨終に鉢をにかぶせられた娘が継母のために家を追われるが、その鉢によって幸せになる話。継母説話に長谷観音の霊験譚(たん)を絡ませたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はちかづき【鉢かづき】
御伽草子。渋川版の一。河内国交野(かたの)に住む備中守さねたかは姫君を一人儲(もう)け,長谷(はせ)の観音に参り,末繁昌を祈る。姫が13歳のおりに,母は病気にかかり,姫の頭に手箱を載せ,その上に肩が隠れるほどの鉢をかぶせて死んだ。父はその鉢を取ろうとするが,頭に吸い着いて取ることができない。継母に憎まれ,帷子(かたびら)一つで捨てられた姫は,足にまかせて迷い歩き,川へ身を投げるが沈まず,里人から化物とあざけられながら,国司の山蔭三位中将のもとに身を寄せ,能がないと言われて,湯殿の火焚きとなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はちかずき【鉢かづき】
御伽草子。一巻。作者未詳。室町時代の成立か。母と死別した交野かたのの豪族の姫君鉢かずきは、継母のため家を追われるが、山蔭三位中将の息子宰相殿と結ばれ、母がかぶせた鉢のおかげで幸福になる。継子ままこ物の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鉢かづき
はちかづき
御伽(おとぎ)草子23編の一つ。室町時代に成立したとされる物語。作者未詳。「鉢かづきの草子」とも記されて江戸期版本として流布した。明治以後の童話では「鉢かつぎ」ともいわれる。河内(かわち)国交野(かたの)に住む備中守(びっちゅうのかみ)さねかたの娘を主人公にした継子(ままこ)物語。実母が死に臨んで娘の頭に鉢をかぶせたことによる名称である。「鉢かづきの宰相」とも記される。娘は鉢をかづ(被)いたまま成長し、父の再婚によって継母に会う。継母の讒言(ざんげん)によって捨てられて流浪の身になる。やがて山陰三位(さんみ)中将の家で湯殿の火焚(ひた)きとして働くうちに、四男宰相にみいだされて契りをこめる。嫁見参、嫁競(くら)べのときに鉢が割れて、中から衣装や宝が出る。主人公はそれで身なりを整え、宰相の妻としての幸福な一生を約束されるという筋。鉢かづきは、つねに長谷(はせ)観音によって加護される霊験譚(たん)としてつづられる。これらの主題は、民間にあって昔話として人口に膾炙(かいしゃ)する。本格昔話「姥皮(うばかわ)」と共通する語り口で、異形の被(かぶ)り物をした主人公の苦難と、やがて訪れる幸福な結婚を骨子にする。物語の展開に大きな意味をもつ鉢は、呪具(じゅぐ)として主人公の運命に大きな役割を果たしている。とりわけ、主人公の成女戒にかかわる、呪術的・宗教的意義を重ねることによって、この主題を解こうとする見方もなされる。伝承伝播(でんぱ)の背景には、観音信仰の教化活動も考えられる。[野村純一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はちかずき ハチかづき【鉢かづき】
御伽草子二三編の一つ。二冊または三冊。作者不詳。室町時代末の成立。臨終の母に鉢をかぶせられた娘が継母にいじめられて家出し、入水したり、火たきに身をやつしたりするが、そのつど鉢の力によって窮地を脱出し、ついに結婚して幸福になるという話。継子いじめを主題にし長谷観音霊験譚をからませている。民間説話の「姥皮」を素材とする。鉢かずきの草子。鉢かずきさいしょうの君。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉢かづき」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉢かづきの関連情報

他サービスで検索

「鉢かづき」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation