@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【はち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


はち
(1) 食器一種。用途,形態材質 (陶磁器,ガラス,金属など) によって多くの種類がある。すでに縄文時代には一般に用いられ,遺跡からの出土品も多い。 (2) 応量器。「はつ」ともいう。が身につけるべき僧具の一つ。「はち」の語は,サンスクリット語の pātraの音訳「鉢多羅」によるもので,托鉢の鉢をさす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はち【鉢】
《〈〉pātraの音写「鉢多羅」の略》
仏道修行者の食器。また、僧尼が托鉢(たくはつ)のときに所持する器。応量器(おうりょうき)。鉢の子
皿より深く碗(わん)より浅い、上部の開いた食器。「に盛りつける」
御飯を入れておく木製の容器。めしびつ。おひつ。おはち。
草木を植える容器。植木鉢。「植木のに水をやる」
頭蓋骨。頭の横まわり。「頭のを割られる」
兜(かぶと)の頭頂をおおう部分。革または鉄で作る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はち【鉢】[漢字項目]
常用漢字] [音]ハチ(呉) ハツ(漢)
〈ハチ〉上部の開いた容器。「金鉢(かなばち)乳鉢火鉢(ひばち)手水鉢(ちょうずばち)
〈ハツ〉僧の用いる食器。「衣鉢托鉢(たくはつ)
[補説]もと、梵語の音訳字。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はち【鉢】
皿よりは深く,よりは浅い,口の広く開いた容器。石,金属,陶磁,漆塗(木)製などがある。広口の縄文土器のうち,深い筒形のものを深鉢,截頭円錘形や半球形の浅い器を浅鉢と呼ぶが,深鉢はおおむね弥生土器の(かめ)に相当する。僧が用いる食器を(はつ)といい,〈はち〉の語はこの鉢多羅(はつたら)(サンスクリットのパートラの音写)を略したものといわれる。奈良時代における鉢の代表的遺品に金銅鉢(鉄鉢),奈良三彩鉢(正倉院),(乾漆),鉢(東京国立博物館)などがあり,形体は底が丸く,上部の口縁が内側にややせばめられている点が共通している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

はつ【鉢】
出家者の用いる食器のこと。応器,応量器ともいう。サンスクリットのパートラpātraの音写。詳しくは鉢多羅(はつたら)という。〈応(量)器〉は,法に応ずる,また1人の食量に応ずる器の意味である。鉢は出家者の最も基本的な所持物である六物(ろくもつ)の一つで,その形,大きさ,材質,取扱方に細かい規定があった。形はおおむね半球状で,材料は鉄または土(素焼)に限られていた。石はのみの所有とされ,木は外道(げどう)(仏教以外の修行者)の用いるものとして,金銀などのぜいたく品とともに出家者(比丘)には禁止されていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はち【鉢】
pātra(鉢多羅)の略
僧が食事や托鉢の際に用いる、円形の深い容器。鉄製・陶製のものもあるが、多くは漆を塗った木製。はつ。応量器。鉢の子。
托鉢。また、その際に受ける米銭。
食器の一。皿より深く、口の開いた形のもの。
に似た形の器。手水ちようず鉢・植木鉢など。
形が似ていることから 頭蓋骨とうがいこつ頭の-の開いた人
かぶとの一部分。頭の上部をおおうところ。 →
(処女の)女陰の異名。 -を割るあらばち
掘り起こした植木の根の土を帯びた部分。
[句項目] 鉢を開く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

はち【鉢】
➀皿よりも深く、上に向かって開いた形の食器。陶磁器のほか、金属、木、漆器、ガラスなどもある。形は、丸、角、花形など多様、大きさも用途によりさまざまなものがある。◇僧が托鉢(たくはつ)(米や金銭を乞うて歩く修行)の時に用いるうつわのサンスクリット語の音訳「鉢多羅」から、「鉢」と略すようになった。
➁「➀」に似た形の容器。火鉢(ひばち)、植木鉢(うえきばち)、金魚鉢などがある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


はち
皿よりは深く、瓶(へい)よりは口が広く、壺(つぼ)よりは浅く開いた容器で、食物、水などを入れる。石、金属、陶磁、木製などがある。鉢のような口の開いたやや深めの容器は、すでに縄文・弥生(やよい)式土器にも多くみられ、登呂(とろ)遺跡からは木鉢も出土している。ハチの語は、梵語(ぼんご)Ptraの音訳「鉢多羅(はつたら)」の略で、インドでは食器を意味し、本来、僧侶(そうりょ)が托鉢(たくはつ)で施しを受けるのに持った鉄鉢(てっぱつ)のことであった。奈良時代の正倉院宝物には焼物鉢、ガラス鉢、鍮錫(ちゅうしゃく)鉢、木鉢などがみえ、平安時代の『延喜式(えんぎしき)』には神前の供器として、陶(すえ)鉢、土師(はじ)鉢、(あえ)鉢などがみえている。しかし一般に陶磁器製の食器が普及したのは近世以降で、明治までは、もっぱら白木や漆塗りの木鉢が使用されることが多かった。鉢の外面は、文様や絵模様を描いて装飾としたものも多く、形態は円形がもっとも多く、また四角、六角、八角、隅(すみ)切り、花形などいろいろあった。鉢の底には、湾曲したままのもの、平底のもの、高台のあるものなどがあった。なお鉢には、高台の高い台鉢、外側の切り立った鉦(しょう)鉢、段のついた甲(かぶと)鉢、入れ子になる重(かさね)鉢、婚礼道具とされた挽(ひき)鉢のほか、平鉢、鼓(つづみ)鉢、菓子鉢、飯(めし)鉢、すり鉢、火鉢、植木鉢など、形状や用途による種類も多い。[宮本瑞夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はち【鉢】
〘名〙 (pātra 鉢多羅の略。応器・応量器と訳す。体・色・量三つとも法にかなっているの意)
① 仏道修行者の食器。また、僧尼が托鉢(たくはつ)の時に所持する器。鉄・石・陶製などがある。はちう。はつう。はちのこ。
※書紀(720)持統三年正月(寛文版訓)「仏像一躯(はしら)、灌頂の幡鍾(かね)・鉢(ハチ)各一口、〈略〉賜ふ」
② 僧が経文を誦し、各戸の前に立ち、米銭などの施与を受けてまわること。托鉢。また、それによって受けた施物。
※浄瑠璃・加増曾我(1706頃)一「身が門へもはちに出よ、手の内もよそよりは、大づかみにさせんず」
③ 皿(さら)よりは深く、碗(わん)よりは浅く、上部の広く開いた食器。主に、陶製のものをいう。
※延喜式(927)七「鉢一口、燈坏六口」
④ 暖をとるための火を入れる容器。火鉢。
※宇津保(970‐999頃)蔵開中「はち、しろがねを内黒にいろどれり」
⑤ 草木を植えこむための容器。植木鉢。
※徒然草(1331頃)一五四「鉢に植ゑられける木ども、皆掘りすてられにけり」
⑥ 掘りおこした草木の根と土とがかたまりをなしたところ。
⑦ 頭脳の組織を守る頂部の碗状の骨。頭蓋骨。また、頭部の横まわり。
※史記抄(1477)一二「頭のはちを漆でぬりて酒杯にしたぞ」
⑧ 兜(かぶと)の部分の名。頭全体を覆う部分。革または鉄でつくる。古くは矧(は)ぎ合わせの鋲頭を大きくつくった星鉢であるが、中世は鋲頭を平面にした筋鉢となり、近世は桃形(ももなり)、烏帽子形など好みの形状の打出鉢や紙のつくりのものを加えた紙懸鉢など異様な各種の鉢を生じた。
※保元(1220頃か)中「太刀を抜て、斉藤が冑の鉢を丁どうつ」
⑨ 炊(た)いて飯を入れておく木製の容器。おひつ。おはち。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつ【鉢】
〘名〙 =はち(鉢)
※雑談集(1305)三「三衣一鉢(いちハツ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はっち【鉢】
〘名〙 (「はち(鉢)」の変化した語) 托鉢坊主が門に立って、「はっちはっち」と言って施物を乞うこと。また、その托鉢坊主。
※俳諧・西鶴五百韻(1679)早何「はっちにいるる善六か門〈西花〉 功徳池の水にうけ樋(とひ)かけられて〈西友〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation