@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【しょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しょう
東アジアの体鳴楽器。金属製の皿状の楽器で,皿の底部外側または内側を1本または2本ので打奏する。原則として皿の縁を打たない点で「 (しょう) 」と区別される。なお,皿の肉が薄く,鍛造を加えた「 (ら) 」とは区別される。楽器本体および槌の寸法や,細部の形状はまちまちで,演奏に際してもで吊るもの,手に持つもの,床の上に直接伏せて置くものなどがある。この楽器は中国では軍楽に用いられたというが,日本では「鉦鼓」の名で雅楽仏教に用いられるほか,民俗的な念仏や祭礼囃子などでも用いられる。普通には「鐘」との区別なしに「かね」と呼ばれることが多い。また,歌舞伎陰囃子でも,祭りの場面やにぎやかな踊り伴奏などに使われる。祭礼囃子では,ヨスケ,チャンギリなどともいい,またコンチキの名を用いる場合もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう〔シヤウ〕【×鉦】
中国・日本・東南アジアなどで用いられる打楽器。銅または銅合金製の平たい円盤状。撞木(しゅもく)や桴(ばち)で打つ。日本には雅楽用の鉦鼓(しょうこ)下座音楽や祭礼囃子(ばやし)用の摺鉦(すりがね)(叩(たた)き鉦)、念仏踊りご詠歌に用いる伏鉦(ふせがね)などがある。かね。
仏具の一。読経・念仏などのおり、撞木で打ち鳴らす丸い青製のたたきがね。鉦鼓。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょう【鉦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょう【鉦】
銅、または銅の合金で作った平たい円盆形の打楽器。直径12センチメートルから20センチメートルぐらいまでのものがあり、撞木しゆもくまたは桴ばちで打つ。伏せ鉦がね・摺り鉦(ちゃんぎり)・鉦鼓しようこなどの種類がある。 -を打つ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう シャウ【鉦】
〘名〙
① 中国、日本、東南アジアなどで用いられる打楽器。銅、またはその合金で作られた平たい円盤状のもの。撞木(しゅもく)または桴(ばち)で打って鳴らす。雅楽器の鉦鼓(しょうこ)、下座音楽に用いる摺鉦(すりがね)、念仏踊りや御詠歌の伴奏に用いる伏鉦(ふせがね)、たたきがね、祭礼囃子(ばやし)などに使うちゃんぎりなどがある。中国では主として軍楽用。日本では一般には「かね」という。鉦鼓。
※正倉院文書‐天平六年(734)出雲国計会帳「鉦五面状」
② 古代の武具の一つ。金属製で、これをたたいて兵を指揮し、その士気を鼓舞したもの。
③ 仏具の一種。念仏、読経などのとき、撞木(しゅもく)でたたくかね。伏鉦(ふせがね)。鉦鼓。たたきがね。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


しょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation