@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鉱滓【こうさい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鉱滓
こうさい
slag
鉱石の製錬あるいはマット,粗金属の溶錬に際して,分離される不要成分の総称。これらの操業では多くの場合,原料中の不要成分と結合して融点低く流れのよい鉱をつくるために溶剤が加調される。その際,鉱滓は炉床で溶融金属と比重分離されるので,金属との比重差の大きい軽いものとし,また炉の耐火材料と反応して浸食することのないように溶剤の成分を調整しなければならない。鉄製錬の鉱滓はアルミナ,石灰 CaO,二酸化ケイ素 SiO2 を主成分とするが,非鉄製錬のそれはさらに酸化第一鉄を含む場合が多く,特殊な場合はそれぞれ特殊な成分の鉱滓ができる。一般に鉱滓中の CaO/SiO2 比を鉱滓の塩基度,その逆数を酸度といい,塩基度の強い鉱滓をつくる操業法を塩基性操業,酸度の強い場合を酸性操業という。炉の耐火材料は塩基性操業では塩基性 (ドロマイト,マグネシアなど) ,酸性操業では酸性 (ケイ石) とする。鉱滓中にほかの有価金属が含まれる場合はさらに再処理原料とされることもある (→鋼滓 , 高炉滓 ) 。なお湿式製錬の廃泥は選鉱廃泥と同様「ずり」と呼ばれるが,これもやはり鉱滓である。廃棄鉱滓中に有毒な薬品,金属イオンや硫黄,ヒ素などの鉱石成分が残るといわゆる鉱毒の原因となることがあり,その処理は煙害問題とともに製錬関係者の最も心しなければならないところである。また,これを活用して高炉セメント,泡立ちスラグスラグウール,スラグ煉瓦などの副産物をつくる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐さい〔クワウ‐〕【鉱×滓】
《「こうし(鉱滓)」の慣用読み》金属の製錬のときに、原料鉱石中から分離され、炉中の溶融金属の上に浮かぶかす。主に非金属の珪酸塩の酸化物からなる。スラグのろ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐し〔クワウ‐〕【鉱×滓】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうさい【鉱滓】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こう‐さい クヮウ‥【鉱滓】
〘名〙 (「さい」は「滓」の慣用読み) 金属を溶融し精錬する時に出る、非金属性のかす。石灰、マグネシア、無水珪酸、アルミナなどが主成分で、煉瓦(れんが)やセメントを作る材料となる。スラグ。
※風俗画報‐二三四号(1901)足尾銅山の勝地「鍰撰鉱滓及廃石は洪水の最高点より三尺以上の高地に移送し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐し クヮウ‥【鉱滓】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鉱滓
こうさい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉱滓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉱滓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation