@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鉱税の害【こうぜいのがい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鉱税の害
こうぜいのがい
Kuang-shui; K`uang-shui
中国,末に鉱山の開発や商税の増徴などの過酷な収奪により,民変を激発させたこと。明朝は 16世紀末,いわゆる万暦の三大征で財政が窮迫し,それに王宮3殿の火災による再建費捻出を当面の目的として,万暦 24 (1596) 年宮廷の宦官を直接全国に派遣し,銀山開発や商税増徴の鉱監・税監とした。これら税監の過酷な誅求官民のたび重なる反対運動にもかかわらず,万暦帝の死 (1620) まで続き,各地で民衆暴動を引起し,明の滅亡はこの悪政に起因するとさえいわれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉱税の害」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鉱税の害の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation