@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

銀の匙【ギンノサジ】

デジタル大辞泉

ぎんのさじ【銀の匙】
中勘助(なかかんすけ)小説前編は大正2年(1913)、後編は大正4年(1915)発表。作者の幼少年時に取材した自伝的作品で、正義と自由と美にあこがれる少年の世界を繊細に描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

銀の匙
幕別町出身の漫画家荒川弘(ひろむ)さんのヒット作。十勝農業高校モデルの架空の「大蝦夷農業高校」に札幌から進学した主人公が、酪農経験などを通して成長していく青春物語。コミックの発行部数は1千万部を突破。テレビアニメが放映され、実写映画化も進んでいる。
(2013-09-13 朝日新聞 朝刊 2道)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

銀の匙
ぎんのさじ

中勘助(なかかんすけ)の長編小説。前編は1913年(大正2)4~6月、後編は15年4~6月に『東京朝日新聞』に連載。脱俗孤高の文学者として知られる彼の幼少年期を浮き彫りにした自伝小説で、夏目漱石(そうせき)はこれを子供の世界の描写として未曽有(みぞう)のものであると激賞した。この作品の底には、生きる苦悩を知り始めた少年の正義と自由と美に憧(あこが)れるせつない思いが込められている。この深い思いのなかに、その後の思想的道徳的発展と時流に染まぬ彼の文学の謎(なぞ)が秘められている。

[渡辺外喜三郎]

『『銀の匙』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎんのさじ【銀の匙】
長編小説。中勘助作。前編大正二年(一九一三)、後編同四年発表。成人した主人公が、幼い頃からしだいに少年の目覚めてゆく間のさまざまなエピソードを、みずみずしい感受性でたどる。大人の視点を免れた子供の世界が展開される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀の匙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

銀の匙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation