@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

銀作【ぎんづくり】

精選版 日本国語大辞典

ぎん‐づくり【銀作】
〘名〙 銀、または銀箔(ぎんぱく)で飾ってつくること。また、そのもの。しろがねづくり。
※宝の山(1891)〈川上眉山〉団円「庫は尽く銀作(ギンヅク)りにして、各一里の大さあり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しろがね‐づくり【銀作】
〘名〙 (古くは「しろかねづくり」) 銀で装飾したもの。また、銀で製作したもの。太刀の柄(つか)、鞘(さや)の金具に銀を用いたものなどにいう。銀ごしらえ。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

銀作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation