@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

銀色【ぎんいろ】

色名がわかる辞典

ぎんいろ【銀色】
色名の一つ。白しろがね色ともいう。英名はシルバー(silver)。JISの色彩規格に含まれるが、文章表現による定義はされていない。一般に、金属ののような輝きをもった色のこと。アルミ箔が銀色に近い。銀は元素記号Ag、原子番号47の希少金属で、古くは「しろがね」と呼ばれた。貨幣、宝飾品、食器などに用いられる。銀色を4色印刷に用いるシアンマゼンタイエローブラックで正確に表すことはできないが、写真で撮影した銀による造形物は撮影技術と印刷技術が優れていれば近い色が出せる。より正確に銀色を表現したいときは銀色のインクを使う。表紙のタイトルなどには銀箔、または銀箔に見える素材を使って箔押しをすることがある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎん‐いろ【銀色】
銀のような輝きのある灰白色。しろがねいろ。「銀色の翼」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎん‐しょく【銀色】
ぎんいろ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しろがね‐いろ【銀色】
銀のように白く光る色。ぎんいろ。「銀色の月」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎん‐いろ【銀色】
〘名〙 銀のような光沢のある青白色。白銀色。ぎんじき。ぎんしょく。ぎん。
※神の子(1902)〈国木田独歩〉下「湖水の奥は銀色(ギンイロ)の霧に包まれて朧に光って居る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎん‐しょく【銀色】
※大観本謡曲・佐保山(1456頃)「これなる衣を寄りて見れば、銀色(ギンショク)輝き異香(いきょう)薫じ」 〔陸游‐素飯詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しろがね‐いろ【銀色】
〘名〙 銀のように白く光る色。
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉真昼「白銀色(シロガネイロ)の布引に、青空くだし天降(あもり)しぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

銀色の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation