@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

銀貨【ぎんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

銀貨
ぎんか
金属貨幣」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎん‐か〔‐クワ〕【銀貨】
銀を主成分とする鋳造貨幣

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎんか【銀貨】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎんか【銀貨】
銀を主成分とした貨幣。銀貨幣。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

銀貨
ぎんか
銀を素材とする鋳貨。鋳貨として一定の形状、品位、量目をもつ銀貨が最初に鋳造されたのは紀元前7世紀ごろのギリシアであったとされる。日本では和同(わどう)銀銭が最古であるが、本格的に流通した銀貨でもっとも古いのは慶長(けいちょう)銀である。銀貨は金貨と並んで古くから本位貨幣とされたが、銀のほうが産地や産出量が多かったので、実際には銀貨のほうが利用されることが多く、とくに13、14世紀には地中海貿易で広く用いられた。しかし19世紀後半になると金本位制度が広く行われるようになったため、銀貨は一般には補助貨幣となるに至った。[堀家文吉郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎん‐か ‥クヮ【銀貨】
〘名〙 銀を主成分としてつくった貨幣。銀貨幣
※隣語大方(18C後)四「銀貨が余計に御座りましたらば、多少の間致様も御座りませふに」 〔漢書‐食貨志下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀貨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

銀貨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation