@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

銅山川【どうざんがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

銅山川
どうざんがわ
愛媛県東部を流れる吉野川支流全長約 30km。別子銅山近くにを発し東流,徳島県に入り伊予川として阿波川口で吉野川に注ぐ。水量が豊富で,上流に別子ダムがあるほか,中流の金砂村 (現四国中央市) に 1953年多目的の柳瀬ダムおよび金砂湖がつくられ,1976年にはその下流新宮ダムが完成した。柳瀬ダムからは伊予三島地区へ,新宮ダムからは川之江地区へ,工業灌漑用水が,法皇山地をそれぞれトンネルで抜けて送られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どうざん‐がわ〔‐がは〕【銅山川】
愛媛県東部を流れる川。吉野川の支流の一。石鎚(いしづち)山脈(かんむり)山(標高1732メートル)北麓に源を発して新居浜市・四国中央市を東流、徳島県に入って伊予川となり三好(みよし)市山城町で吉野川に合流する。長さ約50キロ。上流部に江戸時代からの代表的な銅山・別子(べっし)銅山があったが、昭和48年(1973)閉鎖された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうざんがわ【銅山川】
愛媛県東部を流れる川。高知との県境をなす石鎚山系冠山(1732m)の北麓,愛媛県宇摩郡別子山村西部に源を発し,法皇山脈の南を東流,徳島県境まで延長約40km。徳島県に入って伊予川といい,三好郡山城町で吉野川に合流する。川の名は別子銅山に由来するが,史料には山城川,金砂(きんしや)川とも記される。流域長瀞(ながとろ)変成岩帯に属し金属資源に恵まれ,明治中期ころまでは砂金採集も行われていた。土佐道が銅山川と交差する宇摩郡新宮村には古社熊野神社があり,信仰伝播をうかがわせる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

銅山川
どうざんがわ

愛媛県東部を東流する吉野川の支流。源流は石鎚(いしづち)山脈冠(かんむり)山(1732メートル)の北麓(ろく)にあり、南の石鎚山脈と北の法皇(ほうおう)山脈の間をV字谷をなし、新居浜(にいはま)市、四国中央市を東流、徳島県に入って伊予川となり、三好(みよし)市山城(やましろ)町で吉野川に合流する。延長約50キロメートル。流域面積282平方キロメートル。おもな支流には高知県境側から猿田(さるた)川、上小(かみお)川、中の川、馬立(うまたて)川などがある。流域は中央構造線南縁の長瀞(ながとろ)変成岩帯に属し、砂岩片岩、黒色片岩、緑泥片岩、石英片岩などの結晶片岩類からなる。古くから金属資源の開発が行われ、佐々連(さざれ)鉱山(1979年閉山)、別子(べっし)銅山(1973年閉山)などがあった。愛媛県東予地方に水を供給するため、上流から別子、富郷(とみさと)、柳瀬(やなせ)、新宮(しんぐう)、政友の各ダムが建造された。

[深石一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銅山川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

銅山川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation