@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

銅鏡【ドウキョウ】

デジタル大辞泉

どう‐きょう〔‐キヤウ〕【銅鏡】
青銅を磨いて作った円鏡のほか方鏡八花鏡鈴鏡などがあり、背面にはさまざまな文様が配される。古代中国に始まり、日本では弥生時代から古墳時代にかけてさかんに製作され、祭祀などに用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

銅鏡
 青銅[せいどう]で作られた鏡です。弥生時代に中国や朝鮮半島から伝わり、日本でも作られるようになります。弥生時代に限らず、後の時代でも作られました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうきょう【銅鏡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

銅鏡
どうきょう
弥生・古墳時代の青銅製の鏡
円形で,周囲をさまざまな文様で飾り,背面にはをかける (ちゆう) がある。中国では漢代から三国・六朝時代・唐代にかけて盛行した。日本では弥生時代の遺跡から漢代の鏡や朝鮮系の2〜3の鈕をもつ多鈕細文鏡 (たちゆうさいもんきよう) が副葬品として出土し,古墳時代の遺跡には,三国時代以降の鏡が多い。特に古墳時代前期から中期にかけては神獣鏡が多い。中国からの舶載鏡の影響をうけて,日本製の仿製鏡 (ほうせいきよう) がつくられた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銅鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

銅鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation