@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

銑銭【ずくぜに】

精選版 日本国語大辞典

ずく‐ぜに づく‥【銑銭】
※洒落本・文選臥坐(1790)北廓の奇説「一度にわらひ出す声、百銭のつくせにも一度に落せしごとく也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずく‐せん づく‥【銑銭】
〘名〙 江戸時代通用の寛永通宝一文銭の鉄銭のこと。この鉄銭は元文四年(一七三九)から、江戸(亀戸・小梅・小名木川・柳島・十万坪などの各地)、摂津加島、仙台領石巻、佐渡相川、紀伊中島、肥前長崎、甲斐飯田、常陸太田など全国各地の銭座で鋳造された。ずく。ずくぜに。なべせん。
※正宝事録‐二五四五・元文四年(1739)一二月六日「右之通相心得、銅銭成共、つく銭成共、請負可申出候」 〔地方凡例録(1794)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ずく‐せん〔づく‐〕【×銑銭】
江戸時代、銑鉄(せんてつ)で鋳造した粗悪な。ずくぜに。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銑銭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

銑銭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation