@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【セン】

デジタル大辞泉

せん【銑】[漢字項目]
人名用漢字] [音]セン)() []ずく
鉄鉱石を溶かし取り出した鉄で、不純物を含むもの。ずく。「銑鉄溶銑
[補説]原義は、精錬された金属。平成22年(2010)常用漢字表から削除、人名用漢字に追加された。
[名のり]さね

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つく【×銑/×釻/柄】
弓の弭(はず)異称。また、そこにはめる金具
鉄棒・十手などにつける折れ釘。
荷棒の両端に作った綱をとめるもの。
(柄)(かい)・櫓(ろ)や手棹(てざお)などの、手をかける部分の呼称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ずく〔づく〕【×銑】
銑鉄(ずくてつ)」の
銑銭(ずくせん)」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せん【銑】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ずく づく【銑】
〘名〙
① 「ずくてつ(銑鉄)」の略。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 「ずくせん(銑銭)」の略。
※咄本・座笑産(1773)弐朱銀「弐朱銀、きんきんとした形にて、遊びに行。道にて、づくに出合ひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん【銑】
〘名〙 小さい鑿(のみ)。小鑿。〔易林本節用集(1597)〕 〔説文解字‐一四篇上・金部〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

銑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation