@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

銙帯【かたい】

世界大百科事典 第2版

かたい【銙帯】
金・・玉・石の装飾板()や垂飾を革帯または布帯にとりつけ,尾錠で締める腰帯の総称。本来は中央アジアや北方胡族の間に行われた服飾具であった。六朝の頃に中国に伝わり,動物や植物文様を透し彫した銙板を装着したものが盛行する。隋・唐時代には官人,貴族の服制として整い,品級や位階によって玉・金・銀・の5種の銙が定められた。日本では古墳時代の4世紀末に,竜文・心葉文をあしらった金銅製銙帯があらわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

銙帯
かたい

古代の貴族階級が、公服着用のときに用いた革帯。もとは腰帯(こしおび)といわれ、黒漆塗りの革帯の後腰部分に銙(か)とよぶ金、銀または玉、石などの正方形または円形の飾り12個を並べて据え付けたもの。養老の衣服令では、五位以上金銀装、六位以下は烏油(くろぬり)といって、銅に黒漆を塗ったものをつけると定められている。平安時代以降は、玉や石のみを用いることとなって、石帯とか玉帯とよばれるようになった。銙帯は片端に鉸具(かこ)をつけ、他の端に革先金をつけて、必要な箇所に穴をあけ、銙具の刺金(さすが)を通し、締めて留めるようになっている。

[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐たい クヮ‥【銙帯】
〘名〙 腰帯(ようたい)であり、革帯(かくたい)の一種。黒漆ぬりの革の帯の表面に銙(か)と呼ぶ金、銀、銅または玉石、石などの飾りの座を配置したもの。銙の材質によって金帯、銀帯、玉帯、石帯などともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銙帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

銙帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation