@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ビョウ】

デジタル大辞泉

びょう〔ビヤウ〕【×鋲】
頭部に笠形のものがついている、装飾もかねる釘。
押しピン。画鋲。「写真をで止める」
リベット。「鉄板にを打ち込む」
靴の本底に打つ金具。「靴」
[補説]「鋲」は国字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

びょう【鋲】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

びょう【鋲】
頭部に笠形のものが付いている釘。装飾をかねる。
画鋲。
リベット。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びょう ビャウ【鋲】
〘名〙
※弓張記(1450‐1500頃か)「かりまた。けん尻たばさむ事。〈略〉まとや又はひゃうなどの類は、根の方を持もの也」
② 頭に笠形のものがついている装飾を兼ねた釘。銅・鉄・真鍮(しんちゅう)、または金銀などで造る。
※太平記(14C後)三六「筒のまはり二十尋計なる大皷の、銀のびゃうを打て、面には巴をかき」
③ 金属板などを接合するために用いるもの。リベット。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉二「鋲がゆるみでもするやうに、ギイギイと船の何処かが、しきりなしにきしんだ」
④ おしピン。画びょう。
⑤ 靴の底に打つ金具。
※趣味の遺伝(1906)〈夏目漱石〉「鋲を打った兵隊靴」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鋲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation