@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鋳物師【いもじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鋳物師
いもじ
「いものし」とも読む。鋳造を行う工人。鋳師,鋳造師,鋳造匠とも呼ぶ。日本では,鋳造技術が弥生時代後期からあった。奈良時代には官の職制として典鋳司 (いもじのつかさ) がおかれ,鋳造師はここに配属されて仏像梵鐘などの製作にあたった。平安~鎌倉時代には政権の所在地を中心に集団をなし,末期には座をつくって製作,販売を独占した。室町時代以降は日本の各地に広がり,多くは為政者の独占のもとで武具鍋釜農具などの生産を行なった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いも‐じ【鋳物師】
《「いものし」の音変化》鋳物をつくる職人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いもの‐し【鋳物師】
鋳物をつくる職人。いもじ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いもじ【鋳物師】
鉄,銅の鋳造を職能とする職人。銅鐸銅鏡などの鋳銅は,弥生時代以来,九州,瀬戸内海沿岸,畿内などの鋳工によって行われたが,鋳鉄は古墳時代以降のことと見られる。飛鳥時代以後,造仏の盛行により鋳造技術も著しく進歩した。鋳工は畿内を中心に山陽道,大宰府等の各地に散在していたが,律令制下,大蔵省被官の典鋳司および鋳銭司,諸寺院の鋳物所などに組織された。しかし典鋳司は実質的には機能せず,728年(神亀5)内匠寮に併合される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いもの‐し【鋳物師】
〘名〙 (「いものじ」とも) 鋳物を造る職人。いもじ。いもうじ。
※吾妻鏡‐文暦二年(1235)六月一九日「奉行人周防前司、欲発鋳物師之処、陳申云」
[語誌]日本最古の職人歌合「東北院職人歌合」五番本(旧曼殊院本)には鋳物師の図像の傍らに、羽釜と薬缶が描かれており(下図参照)、古くから日常の生活用具、特に煮炊容器をつくっていた人をさしたらしい。また、同歌合にある鋳物師の月歌とその判詞などから、銅鏡の鋳造、さらには、撞鐘(つきがね)の鋳造などにもかかわっていたことが知られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

鋳物師
いもじ
鋳造を行う工人
平安時代には荘園領主の保護のもとで農具や日常品を製造。鎌倉時代以後,農業生産の進展に伴い需要が増加すると各地に座が結成された。近世には,朝廷を背景とする京都の真継家統制下の鋳物師と,三都の鋳物師に大別されるようになる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鋳物師」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鋳物師の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation