@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

錆壁【サビカベ】

デジタル大辞泉

さび‐かべ【×錆壁】
上塗りの壁土鉄粉または古釘の煮出し汁をまぜた壁。また、その仕上げ方法。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

さびかべ【錆壁】
さび土(多量の鉄分を含んだ粘土質の土)や鉄粉を混ぜて塗る土壁。塗ったあとで鉄分がさびて、褐色斑点が現れる。さび土では、京都産のもの(京さび土)が知られる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さび‐かべ【錆壁】
〘名〙 壁の上塗りの土に醤油に漬けておいた鉄粉または鉄屑をまぜて塗った壁。鉄から生ずる赤錆により斑紋を生じ、古雅な趣を加える。
※俳諧・枯尾花(1694)下「渋(さビ)壁のひる間を遅く扇がせて〈岩翁〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

錆壁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

錆壁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation