@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【しころ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しころ
錣とも書く。甲冑の一部で眉庇 (まびさし) の両端から両頬および後頸部をおおうもの。通常,小札 (こざね) や (おど) し毛 (→威し ) と同じ材料で,3ないし5段威し下げる。最下段を裾板,菱縫板といい,その両端から下をうしろに折返して吹返しと称する。吹返しは絵革で包み上部据文金物を打つ。形状は時代によって変遷があり,饅頭錏笠錏などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しころ【×錏/×錣/×𩊱】
兜(かぶと)の左右後方につけて垂らし、首から防御とするもの。多くは札(さね)または鉄板を三段ないし五段下りとしておどしつける。
錏頭巾(しころずきん)三方に垂らした
錏庇(しころびさし)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

錏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation