@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

錐状体【すいじょうたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

錐状体
すいじょうたい
retinal cones
錐体ともいう。形態覚と色覚に関係する視細胞細胞体は細いほうが外側,太いほうが内側に向う短い円錐形で,外節と内節に分れる。この細胞黄斑に最も多く,そこから離れるに従って減少する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すいじょう‐たい〔スイジヤウ‐〕【×錐状体】
網膜視細胞の一。円錐状の突起をもつ細胞。昼行性の動物に特に多く、色彩を感じる物質を含む。円錐細胞円錐体錐体錐細胞錐状細胞錐体細胞。→桿状体(かんじょうたい)
[補説]ヒトの網膜には分光感度が異なる3種類の錐体細胞が分布している。L錐体長波長感受性錐体)は主に赤~黄緑M錐体(中波長感受性錐体)は黄~緑、S錐体短波長感受性錐体)は青~紫の波長域の光を吸収し、生体信号に変換する。この信号が視神経を経て大脳視覚中枢に伝達され、として認識される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すいじょうたい【錐状体】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すいじょうたい【錐状体】
脊椎動物の網膜にある視細胞の一。長円錐状の細胞体で明るい場所での視力と、波長の違い、すなわち色の区別をつかさどる。錐体。円錐体。円錐細胞。 → 桿状体かんじようたい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すいじょう‐たい スイジャウ‥【錐状体】
〘名〙 脊椎動物の網膜上にある視細胞の一種で、外節と呼ばれる端部が円錐状をしている円錐細胞の円錐状の部分をさす。視物質をふくみ、明るい場所での視覚や色覚をつかさどる。昼行性動物によく発達している。円錐細胞と同義に用いることもある。錐体。円錐体。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

錐状体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

錐状体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation