@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

錦之裏【ニシキノウラ】

デジタル大辞泉

にしきのうら【錦之裏】
洒落本。1冊。山東京伝作・画。寛政3年(1791)刊。角書は「青楼昼之世界」。遊郭昼間情景に取材し、遊里の内情遊女の生活などを精細に描写。同年刊「仕懸文庫」「娼妓絹籭(しょうぎきぬぶるい)」とともに絶版を命じられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にしきのうら【錦之裏】
洒落本。一巻一冊。山東京伝作・画。寛政三年(一七九一)刊。角書は「青楼昼之世界」。これまで取り上げられなかった郭(くるわ)の昼間の情景に取材し、緻密な描写によって遊里の内情、遊女の生活などを描く。出版取締りを意識して夕霧伊左衛門の話を導入して趣向を構えたが、「娼妓絹籭(しょうぎきぬぶるい)」「仕懸文庫(しかけぶんこ)」とともに絶版を命ぜられ、京伝は手鎖五十日の刑に処せられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

錦之裏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

錦之裏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation