@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

錦帯橋【きんたいばし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

錦帯橋
きんたいばし
山口県岩国市錦川 (岩国川) にかかる。山梨県の猿橋木曾桟橋 (現存しない) とともに日本三奇橋の一つとして知られる。5つのアーチ橋を連ねた木橋で,長さは直線で 196m,橋面に沿って 210m。4個の橋台水面から 5m。木曾のひのき材を使用し,1本のも使っていない。延宝1 (1673) 年,岩国藩吉川広嘉によって完成され,20年ごとにかけ替えられてきたが,1950年のキジア台風の洪水流失。 53年復元。付近城山吉香公園があって,観光客も多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんたい‐きょう〔‐ケウ〕【錦帯橋】
山口県岩国市の錦川に架かる橋。五つの木造アーチ橋を四つの橋台に連ねたもので、力学的にすぐれる。日本の三奇橋の一。延宝元年(1673)に創建され、昭和25年(1950)流失したが、3年後に再建。凌雲(りょううん)橋。五竜橋。そろばん橋。きんたいばし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

錦帯橋
山口県岩国市の錦川に架かる木造橋。橋面に沿った長さは210メートル。5連のアーチ構造が美しく、国の名勝にも指定されている。最初の架橋は1673年、周防国岩国領主の吉川(きっかわ)広嘉によるものだったが洪水ですぐに流され、翌年再建。この橋は1950年のキジア台風で流出するまで、250年以上にわたり保たれた。市民の要望により1953年に伝統的工法で再建された。「大橋」と呼ばれることが多く、ほかに「凌雲橋」「五竜橋」など複数の呼び名があり、現在の名称が公式名称に定められたのは明治維新以降。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんたいきょう【錦帯橋】
山口県岩国市の錦川にかかる木橋。〈きんたいばし〉とも呼ばれる。太鼓橋の形をした5連ののうち,中央の3連は世界でも珍しい木造アーチ橋である。両端の各1連は桁橋であるが,これも中央に合わせた形としている。周囲の環境に調和した姿の美しさと優れた技術のゆえに日本の古橋中屈指の名橋とされ,またその形,構造の珍しさから,甲斐猿橋,越中の愛本橋と並んで,古くは日本三奇橋の一つといわれた。橋の全長は約200m,木造アーチの支間長はおのおの35.1mで,1673年(延宝1)岩国藩主吉川広嘉のによって建設された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

錦帯橋
きんたいきょう

山口県南東部、岩国市の錦(にしき)川(岩国川)に架けられた橋。5個の反り橋からなる木造橋で、日本三奇橋の一つとして知られ、国の名勝にも指定されている。橋の創建は1673年(延宝1)岩国藩主吉川広嘉(きっかわひろよし)の代で、甲斐(かい)(山梨県)の猿橋(さるはし)や中国の『西湖志』の六橋にヒントを得て、創案されたといわれる。橋の長さは橋面に沿って210メートル、幅5メートル、橋台の高さ5メートルで、木材を組み合わせ、巻き金とかすがいのほか1本の釘(くぎ)も使わず、力学的にも優れた構造をもつ美しい橋である。武家屋敷のある横山と城下町の錦見(にしみ)を結ぶ城門橋であった。いくたびかの修築を経て、創建当時の姿を保っていたが、1950年(昭和25)のキジア台風の大洪水で流失、1953年に再建された。現在の橋は1953年に再建された橋を架け替えたもので、2004年(平成16)完成した。復原された横山城天守閣や錦川の鵜飼(うかい)とともに山口県の代表的観光地。

[三浦 肇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

錦帯橋
(山口県岩国市)
日本三奇橋」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

錦帯橋
(山口県岩国市岩国・横山)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きんたい‐きょう ‥ケウ【錦帯橋】
山口県岩国市、錦川の下流にかかる橋。五連のアーチ型で木造。延宝元年(一六七三)岩国藩主吉川広嘉(きっかわひろよし)の考案により創設。昭和二五年(一九五〇)に流失したが、同二八年復旧。日本三奇橋の一つ。国名勝。岩国橋。凌雲橋。帯雲橋。五龍橋。そろばん橋。青海橋。きんたいばし。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

錦帯橋
きんたいばし
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
天明1(京・中山座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

錦帯橋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

錦帯橋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation