@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

錦絵【にしきえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

錦絵
にしきえ
浮世絵用語。明和2 (1765) 年頃鈴木春信が狂歌師巨川 (きょせん) ,莎鶏 (しゃけい) らの助言彫師摺師助力を得て創始した華麗な木版の多色摺の浮世絵版画。春信は三原色を主調に,中間色や複雑な色までも自由に用いる多色摺に成功。また用紙を上質の奉書に切替え,歌舞伎や遊里だけを扱っていた主題を広げて,江戸評判の美女や婦女子の日常生活や恋愛などを描いた。当時の人々はの美しさにたとえて東 (あずま) 錦絵と呼んだ。以後浮世絵版画はすべて錦絵の名で呼ばれるとともに,版画技法は最後の発展段階に到達し,鳥居清長,歌麿写楽,歌川豊国,北斎,広重など,すぐれた絵師と彫師,摺師の協力で,主題と技法の幅を広げ,広く世に迎えられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にしき‐え〔‐ヱ〕【錦絵】
多色刷りの浮世絵版画。明和2年(1765)絵師鈴木春信を中心に彫り師や摺(す)り師が協力して創始した、錦のように精緻(せいち)で美しい版画。浮世絵の代名詞ともなった。江戸絵。東(あずま)錦絵。→浮世絵

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にしきえ【錦絵】
浮世絵の多色摺り木版画の総称。1765年(明和2)俳諧を趣味とする江戸の趣味人の間で絵暦の競作が流行,これに参加した浮世絵師鈴木春信(1725‐70)が彫師,摺師と協力して技術を開発,〈吾妻錦絵〉と名づけて商品化した。版木に刻み付けた見当(けんとう)を合わせて,多くの色を正確に摺り分け,錦のように華やかで美しいいろどりが加えられた。浮世絵木版画の加彩法としてはもっとも発達した最終段階のもので,〈江戸絵〉とも呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にしきえ【錦絵】
多色刷りにした浮世絵版画の称。1765年頃、俳諧師の間で流行した多色の絵暦に刺激されて鈴木春信が創始。絵師・彫り師・摺り師が協力して刷り出す精巧で華麗な木版画。江戸を中心に発展し明和期(1764~1772)以降の浮世絵はこの技法による。江戸絵。東錦絵あずまにしきえ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

錦絵
にしきえ
浮世絵版画の版様式。1765年(明和2)に江戸で大流行した絵暦(えごよみ)交換会を機に飛躍的に進歩した多色摺(ずり)木版画をさし、初期の三色程度の多色摺は紅摺絵(べにずりえ)とよんで区別する。錦のように美麗な絵の意味であるが、当時おもに上方(かみがた)で押し絵を錦絵とよんでいたことから、それと区別し対抗する意図で東(あずま)(吾妻)錦絵と命名されたらしい。まもなく単に錦絵ともよばれるようになった。錦絵は、下絵を描く絵師と、彫師、摺師、版元、さらに好事家(こうずか)の協力による所産であるが、絵師では鈴木春信(はるのぶ)がもっとも深く関与し貢献したため、彼を創始者とすることもある。以後、その優れた色彩美と表現力によって急速に発展普及し、1780年(安永9)ごろ以降は錦絵以外の浮世絵版画はほとんど制作されなくなり、江戸後期から明治期には、浮世絵版画と錦絵はほぼ同意語となった。技法上も種々の改良やくふうが加えられて、19世紀に入ると数十色もの色版を使ったものも現れて、幕末にはその極限に達した。[浅野秀剛]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にしき‐え ‥ヱ【錦絵】
〘名〙 浮世絵の多色刷り木版画の総称。精巧な技術により多くの色を正確に刷り分けて、錦のようないろどりを示す。江戸時代、明和二年(一七六五)絵暦(えごよみ)の流行を契機として、絵師鈴木春信が、俳諧師・彫師・摺師の協力を得て創始、江戸を中心として発展した。浮世絵版画における技巧発達の最終段階を示す。勝川春章・鳥居清長・喜多川歌麿・東洲斎写楽・歌川豊国・葛飾北斎・歌川(安藤)広重など、明和期以後の浮世絵師はほとんどこれによった。江戸絵。東(あずま)錦絵。
※談義本・虚実馬鹿語(1771)二「この比は今のにしき絵の番(つが)ひ絵、覆ひもせずあちこちの店に顕し有る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

錦絵
にしきえ
多色摺 (ずり) の浮世絵版画
初め丹絵 (たんえ) という墨摺に筆彩色した色彩版画が現れ(元禄〜正徳ころ),色を多くした紅絵に進んだが,その後紅摺絵という色摺版画が考案された。明和(1764〜72)のころ錦絵という華麗な多色摺が完成し,浮世絵に画期を与えた。鈴木春信は錦絵の効果を利用して他の追随を許さない独特の版画を描いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

錦絵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

錦絵の関連情報

関連キーワード

グレンビル田阪灞山中野碩翁コッチ窯アダムズ(Samuel Adams)賀茂真淵(かもまぶち)鈴木春信ニコライ(Friedrich Nicolai)ブルース(James Bruce)総合年表(アメリカ)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation